体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

U-23世代にこそ乗ってほしい「U-50万円フランス車」

▲お若い自動車ビギナーにはとっつきにくい感じがあるかもしれないフランス車ですが、一度乗ってさえみれば、その良さがよくわかるはず。ぜひ前向きに検討してほしいものです。写真は70年代のルノー 5アルピーヌ

▲お若い自動車ビギナーにはとっつきにくい感じがあるかもしれないフランス車ですが、一度乗ってさえみれば、その良さがよくわかるはず。ぜひ前向きに検討してほしいものです。写真は70年代のルノー 5アルピーヌ

おっさん世代には伝わらないことも多いその魅力

筆者は「車の国籍」に関するこだわりは特になく、出来が良くて美しい車でさえあれば製造国はどこでも良いと思っている。が、強いて言えば「フランス車党」ではあるのかもしれない。最初に乗った輸入車である「87年式ルノー 5 バカラ」の影響を色濃く受けた自動車人生を送っているからだ。三つ子の魂百までといいましょうか。

で、それゆえルノーをはじめとするフランス車全般の魅力を各方面に問いて回ることが多いのだが、どうにもウケが良くない。フランス車の魅力をアツく語っても、「なるほど。ではわたしもフランス車を買ってみよう」という人はほとんど現れず、「あんなモノどこがいいんだ? ていうかキミは馬鹿か?」などと非難中傷されるばかりである。

彼ら・彼女らが言うフランス車の「あんなモノどこがいいんだ?」ポイントは、主に以下のとおりだ。

1. 最近のはそうでもないけど、ちょっと前までのはデザインがなんだかよくわからない

2. エンジンがたいてい非力である

3. いわゆるハイテクとほぼ無縁の古くさい設計である

4. しょっちゅう壊れる

これら4ポイントについて自分は逐一反論してきたのだが、なかなか聞いてもらえない。

そして自分は、ほとほと疲れた。

▲一部に派手なスポーツモデルもありますが、基本的には地味な実用車が多く、エンジンスペックなども地味な場合が多いフランス車。ハイテクな日本車やドイツ車を好む人から見ると「……なぜあえてフランス車?」と思う気持ちはわからんでもありませんが……

▲一部に派手なスポーツモデルもありますが、基本的には地味な実用車が多く、エンジンスペックなども地味な場合が多いフランス車。ハイテクな日本車やドイツ車を好む人から見ると「……なぜあえてフランス車?」と思う気持ちはわからんでもありませんが……

おっさんが無理なら若者世代に勧めてみようじゃないか!

自分を含むいい年の大人というのは脳ミソや価値観がすでにある程度完成してしまっているため(悪く言うと凝り固まっているため)、基本的には人の言うことなど聞かない。人生に新しいモノを入れたがらない。わたしを含め「あーはいはい、わかったわかった」とか言いながら実は全然わかっておらず、そして自分の方針を変えるつもりもない……というのは、そこかしこで見かけるおっさん特有の風景である。

ということで周囲のおっさんに対する折伏はあきらめた小生だが、フランス車へのこの熱き想いは如何ともしがたい。どうにかして、誰かに、あの素晴らしさを伝えずにはいられない。

そこで自分は、頭がまだ柔軟な「若者」をターゲットとすることにした。

具体的には18歳から23歳あたりの、大学生ぐらいの(主に)男子だ。いや今どき大学なんて出なくたって一向に構わないので、「そのぐらいの年齢の人」というだけの意味である。以下、そのあたりのU-23的人材に向けてフランス車に関する演説を一発ぶちかましたいと思う。

▲23歳以下の若者世代に向けてフランス車に関する熱弁を振るう筆者(のイメージ)

▲23歳以下の若者世代に向けてフランス車に関する熱弁を振るう筆者(のイメージ)

そのデメリットは、実はメリットだった?

さて諸君。……いや、若い人が相手だからといってエラソーにするのはよろしくないので、あえて丁寧にいこう。さて皆さん。「若者の車離れ」が叫ばれる昨今ですが、一部の人は趣味として、また一部の人は通学や通勤などの必要上、自動車の購入を検討しているかと思います。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会