体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雪も景色も段違い!スノボ好きなら一度は滑りたい世界のゲレンデ5選

雪も景色も段違い!スノボ好きなら一度は滑りたい世界のゲレンデ5選

本気でスノーボードが好きなら、誰もが目指す日本最高峰スノーエリア北海道。北海道は日本最高峰のゲレンデが数多くあることで有名です。

しかし、世界には北海道に負けない、そればかりか北海道以上に魅力的なゲレンデがたくさんあります。大陸にある山の大きさは、日本の山の大きさとは違い滑り応えがありますよ。

また、日本だと考えられないような標高にリフトがかかっているのも魅力です。今回はそんな世界トップクラスのスキー場をご紹介します。

 

1.知名度No.1 ウィスラー&ブラッコムスキー場

16447871874_09dc5d51ec_b

 photo by Ruth and Dave

16860642105_296768737e_b

photo by Nabeel H

日本からバンクーバーへは直行便が就航しており、バンクーバーからバスで2時間ほどとアクセスがいいことから、海外スノーボードが初めての日本人の多くは、ウィスラー&ブラッコムスキー場を目指すことが多いです。

ツアーも多く組まれているので、海外スキーの中では知名度もNo.1!コースは200コースあり、ピステン・オフピステン・ツリー・コブなどコースはバラエティに富んでいます。

最初からマスタープランに沿って計画されたスノーリゾートだけあり、ゴンドラの配置が秀逸で、広大な山でも迷うことがないので安心です。

 

2.シャンパンパウダーが降る!ベイルスキー場

20150925_snow_vail

Photo by  discosor

アメリカ、コロラド州にある極上の軽い雪が降るベイルスキー場。その雪の軽さは、シャンパンパウダーと呼ばれ世界中からスノーボーダーが集まります。

ここのゲレンデはロッキー山脈にあり、なんとベースの標高が富士山ほどもある2,500メートル。標高が高いことで、日本では味わえない軽~いパウダー雪を楽しめます。
 
数年前までは日本から行く場合、アメリカ西海岸でトランジットが必要でしたが、今はデンバーまで直行便が飛んでいます。日本ではあまり有名ではありませんが、アクセス抜群と言っていいスキー場です!

デンバー空港からは車で約2時間。空港からはシャトルも出ています。

 

3.歴史を感じながら滑る!シャモニースキー場

20150925_snow_Chamonix-Mont-Blanc

 Photo by mattharvey1

フランスとスイスにまたがる、ヨーロッパアルプスの最高峰モンブランの麓に位置するシャモニースキー場。第一回冬季五輪開催地としても知られる世界的なスノーリゾートです。
スイス・ジュネーブから鉄道で行けます。ヨーロッパでスノーボードをしようと思ったら真っ先に思い浮かぶゲレンデです。

 

 カナディアンロッキー!レイク・ルイーズスキー場

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。