ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

映画『ブレア・ウィッチ』のアダム・ウィンガード監督、映画『Godzilla vs. Kong(原題)』の監督へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

映画『ザ・ゲスト』のアダム・ウィンガード監督が、映画『Godzilla vs. Kong(原題)』の監督に指名された。

同作は、レジェンダリーと米ワーナー・ブラザースによる「モンスターバース」と呼ばれるプロジェクトのひとつで、テリー・ロッシオが脚本を執筆中だ。全世界で5億6560万ドルの興行収入を記録した映画『キングコング:髑髏島の巨神』の成功を受けて発表された。また、レジェンダリーとワーナーは、ミリー・ボビー・ブラウン、カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガらが出演する映画『Godzilla: King of the Monsters(原題)』も準備中だ。

タイトルから分かるように、同作は2頭の巨大なモンスターの戦いとなる。『Godzilla: King of the Monsters(原題)』と『キングコング:髑髏島の巨神』の出演者たちが『Godzilla vs. Kong(原題)』で再演するかどうかは現時点では分かっていない。

『Godzilla vs. Kong(原題)』は2020年5月22日(現地時間)に米劇場公開する。

2015年後半、レジェンダリーとワーナーは、キングコングとゴジラの全映画をレジェンダリーが開発し、ワーナーが配給すると発表し、『キングコング: 髑髏島の巨神』からプロジェクトを開始した。レジェンダリーは当初、米ユニバーサル・ピクチャーズと配給契約を交わしていたが、『ゴジラ』と『キングコング』シリーズを再編するために権利をワーナーに戻した。

ウィンガード監督が手掛けた最近の公開作品はリブート版映画『ブレア・ウィッチ』で、今はホラーコミックをもとにしたNetflixの映画『デスノート』の撮影を終えたばかりだ。監督は、CAA、プラットフォームのジェレミー・プラット、モリス・ヨーンの弁護士トッド・ルーベンスタインと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。