ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

古墳と史跡から飛鳥時代を学ぼう! 「日本の心のふるさと」明日香村を歩く

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
120322asukamura1.jpg

まだ夕方は肌寒い……早く暖かい春が来ないかなぁ、なんて妄想を膨らませる毎日。
春が来たら、どこに行こうかといろいろと調べていたら、私が昔からよく行くパワースポットで面白いイベントをしているのを発見しました!
それは、奈良県の明日香村にある「高松塚古墳」
その高松塚古墳の中にある壁画は、日本で最初に発見された「古墳壁画」なのです。この壁画が発見されてから、日本で考古学や文化財が親しまれ身近になったと言われています。
そんな古墳壁画が発見されて今年は40年という節目の年ということで、「高松塚古墳壁画発見40周年記念パネル展 高松塚古墳40年の歴史」が開催されています。

■展示期間
平成24年2月10日(金) ~平成24年4月10日(火)会期中無休
■開館時間
午前9時00分~午後5時00分 (入館は午後4時30分まで)
■開館時間
大人250円、学生130円(高校・大学)、小人70円(小学・中学) ※3月21日は無料で見学できます
■会場
高松塚壁画館
奈良県高市郡明日香村平田439(国営飛鳥歴史公園高松塚周辺地区)
TEL:0744-54-3340」

40年前に発見された当時に撮影された写真や、これまで研究されてきた高松塚古墳を知ることができます。
このように明日香村は、高松塚古墳のように古墳や史跡が数多くあり、飛鳥時代をとても身近に感じることができる貴重な場所です。
 
そこで、私が何度も足を運んでオススメしたい「日本の心のふるさと・明日香村」の見どころをご紹介したいと思います。
私はいつも、近鉄電車・飛鳥駅を下車して、徒歩かレンタルサイクルで明日香村を回ります。少し進むだけで次々と古墳や史跡が現れて、全てが不思議な空間になっています。はっきり言って、全部紹介しているとキリが無いので、本当に私が必ず行く場所をピックアップしてみますね。

■天武・持統天皇陵

120322asukamura2.jpg

飛鳥駅を背にして進み、「鬼のまないた」や「鬼の雪隠」と言われる史跡を通り過ぎて更に進むと、「天武・持統天皇陵」があります。ここは、天武天皇とその妻である持統天皇を合葬した陵墓だと言われています。
天武天皇のお兄さんといえば、あの「大化の改新」で有名な中大兄皇子。後の天智天皇です。そしてその天智天皇の娘が鵜野讃良(うののさらら)、後の持統天皇です。13歳で嫁いだと言われる持統天皇。この陵墓は、持統天皇元年(687)に築造され、翌年に天武天皇を埋葬したものだと言われているそうです。
八角形の五段築造、周囲に石壇が並びどこか神格な雰囲気です。持統天皇は一説では、呪術を使っていたとも言われている謎多き人物です。当時の政治に陰陽五行を使った呪術が使われていたとすれば……明日香村の秘密にもっと興味を持ってしまいます。
ちなみに、そんな事を考えて陵墓の周りを歩いていると、ヘビが出てきたり古い土器の破片が出てきたり。何とも不思議な場所でした……。

■橘寺

120322asukamura3.jpg

そのまま亀石を通り過ぎさらに進むと「橘寺」があります。ここは天台宗の寺院で、聖徳太子の生誕地に立つお寺だと言われています。
このお寺にある大きな鐘「鐘楼」。自由に叩いていいとのことで、思いっきり鐘を鳴らすと良い音が! 実はこの鐘、1回叩けば願いが叶う「一願成就」の鐘なんだそうです。想いを込めて叩くのがオススメですよ。

■石舞台古墳

120322asukamura4.jpg

次に向かったのは「石舞台古墳」。こちらは、日本最大の方墳。大きな石が積まれているように見えますが、この下には立派な石室となっていて中に入ることができます。天井席の上面が広く平らで、まるで舞台のように見えるのでこの名前がついたようです。
被葬者は明らかではありませんが、これまた「大化の改新」で有名な蘇我入鹿の祖父・蘇我馬子の墓ではないかと言われています。この場所は風水的にとても良い場所だったのではないか? 私にもそう思わせるほど空気のいい場所です。こんな大きなお墓があるということは、高貴な人が埋葬されている可能性が高く、風水などの事情も考慮されたお墓なのかもしれません。

■亀形石造物

120322asukamura5.jpg

さて、最後にご紹介するのは「亀形石造物」。ガイドの方の話によると、1999年に発見されたまだ若干新しい史跡で、政治を占う施設、身を浄める場所などいろんな説がある不思議な場所なんだそう。亀形のこの遺跡は、甲羅部分に水を入れることができるつくりのようで、近くには水槽を有する石造物や水を供給していたと思われる湧水施設も発見されています。まだまだいろんな謎が隠されている場所なのかもしれませんね。
最後に高松塚古墳に寄って、飛鳥駅に戻ります。近年、話題になっていた「キトラ古墳」もそうですが、こんなに古墳や史跡があってそれが現代まで残っているという明日香村の存在は本当に凄いと、訪れる度に思います。
高松塚古墳の壁画は劣化が進み、いろんな保存対策が検討され実行されてきました。2012年の春はそんな歴史も含め、壁画発見40周年記念パネル展と一緒に明日香村を楽しめる季節になりそうです。
明日香村公式ホームページ国営飛鳥歴史公園
(西脇聖)


(マイスピ)記事関連リンク
「男になるのではなく女性らしさで勝負を」鉄の女・マーガレット・サッチャーの名言集
映しだされたオーラ?「キルリアン写真」の真贋論争【前編】―スピリチュアル史解説[コラム]
新生活のおまもりにおすすめ! 「サイコロ」は進むべき道を指し示す幸運アイテム

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。