体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3分で分かる認知症カフェ!どんな場所?参加するメリットは?

認知症カフェアイキャッチ

読みかけの本を開くために、お気に入りのコーヒーを楽しむために、忙しい日々にくつろぎを与えてくれる「カフェ」。そんなカフェが「認知症」とコラボレーションする「認知症カフェ」の取り組みが、今全国で始まっています。「聞いたことはあるけれど、具体的に何をする場所なのかよく知らない!」という方も多いのではないでしょうか。今回は、認知症カフェの基礎知識や参加方法、運営してみての感想などをまとめます。

認知症カフェとは

認知症カフェとは、認知症の人と家族、地域住民、専門職等、誰でもが参加でき、集う場です。カフェのようにリラックスした場所で、お茶を飲みながら認知症について気軽に意見交換ができる、イギリス・アメリカのメモリーズ・カフェやアルツハイマー・カフェ等をヒントに生まれました。平成25年「新オレンジプラン」(認知症施策推進総合戦略)の戦略の一つに掲げられ、全国650箇所以上に広がっています。

認知症カフェの開設数推移グラフ

また、認知症カフェを運営する設置主は、市区町村といった自治体や地域包括支援センター、介護サービス施設・事業者、社会福祉法人、NPO法人と多岐に渡ります。
認知症カフェの設置主の内訳(厚生労働省資料より)

認知症カフェの主な目的は、次の通りです。
認知症の人の意思が尊重される社会になること
当事者・家族、地域住民、専門家が相互に情報交換ができる場づくり
家族(介護者)の負担軽減
認知症の人が地域での生活を継続する環境づくり(暮らしの工夫)

孤立しがちな認知症の方やそのご家族が、地域に溶け込みながら安心して暮らすための施策として、認知症カフェが位置づけられていることが分かります。
参加条件は特になく、関心がある人であれば誰もが参加することができます。参加費の相場は無料から1,000円程度で、数百円程度が相場です。

認知症カフェの内容はどんなことをしているの?

では認知症カフェでは実際にどのようなことが行われているのでしょうか?その一例をご紹介します。
専門家による勉強会、講座
認知症の知識についての勉強会や、暮らしに役立つ情報講座など、あらゆる講座が行われます。介護や医療の専門職はもちろん、交番の警察官、消防署員、町内会長、スーパーの店長など、その地域・分野に精通したあらゆる専門家が講師になります。
情報交換
各家庭での介護の工夫や体験談、今後の心配事などを話し合い、情報交換をします。情報交換といっても堅苦しいものはなく、お茶やコーヒーを飲み、お茶菓子をいただきながら、ゆるやかな雰囲気で話し合うものです。

相談
認知症当事者の方や家族が、病気のことや介護のことについて気軽に相談できる場でもあります。「医師やケアマネに聞くほどでもないけど、相談したいな」という程度でも、認知症に少し詳しい人に気軽に聞ける良さがあります。話題は認知症だけでなく、健康相談や今晩のおかずまで広がることも…。
その他アクティビティ
他にも、参加者間で交流が生まれるさまざまなアクティビティが取り入れられています。例えば、参加者が料理を作る、カラオケ、ミニコンサート、脳トレゲーム、編み物や散歩や体操、園芸など、その内容はカフェによって多岐にわたります。また、認知症の当事者や介護者は参加するだけでなく、自らが教える側になることもあります。

【参考記事】認知症カフェ体験レポート『Dカフェ・ラミヨ』に行ってきた

認知症カフェに参加するメリット

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。