体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かわいいけれど、油断も大敵。しゃべり始めの息子にやられた、赤面事件 by tomekko

こんにちは。

次男が大好物のカボチャを見て「ブッチャー…」と呟いたので、聞いたことあるな~と何気なく検索したら閲覧注意な画像がいっぱい出てきてドン引きしたtomekkoです。 関連エピソード:1秒でも無駄にすまいと全力疾走していたワーママの頃。「自分の幸せ」も考えたら見えたこと by tomekko

というわけで、今回はちょっと息抜きに「長男の可愛いお喋り歴史」を振り返ってみたいと思います。

長男は言葉は1歳過ぎから言葉が少しずつ出始め、当時の育児日記を見返すと2歳前後でかなり可愛い「ニュアンス語」(全体の雰囲気だけ模倣した言葉)が出ていたようです。

f:id:akasuguedi:20170524060601p:plain

コレ、意味を理解できた当時の自分、スゴイと思います。

よく児童館などでも、よその子がムニャムニャ喋ってるのを聞いても全然意味が分からないのに、ママだけが「あーハイハイ、そうだね」とちゃんと会話が成り立ってるのをすごいなーさすが母!と思いつつ、実は(うちの子は滑舌良いからちゃんと他人にも聞き取れるはず)と勝手に自信満々だった親バカはワタシです。

でもコレ明らかに分からないですよね(笑)

あと人名にしか聞こえないシリーズがよく出た時期もありました。

f:id:akasuguedi:20170524060636p:plain f:id:akasuguedi:20170524060654p:plain f:id:akasuguedi:20170524060710p:plain 関連エピソード:気持ちの余裕があるから楽…ではないけど、それでも楽しい二人育児 by tomekko

そして、今思い返してもこれまでの人生で指折りの恥ずかしさだったこと。

一気にお喋りが上手になった長男2歳半頃、親や保育園の先生の言うことを完コピして言うようになった時期は冷や汗が出る事件が本当に多かった!

お友達から教えてもらって子連れで参加できるヨガのワークショップへ行った時の話です。

ヨガの間はポーズを取る母の側で大人しく、ちょっと所在無げにしていた長男なのですが、最後、リラックスのため静かに仰向けになって目を閉じる時間になると、急にスイッチが入ってしまいました。

f:id:akasuguedi:20170524060724p:plain

多分、「ねんね」の時間だと思ったのでしょう。

その頃寝かしつけの時に、スキンシップと体のパーツを教えるのも兼ねて、顔や体を一つ一つ撫でながら「長男くんの可愛いほっぺ、可愛いお口…」と言っていたのを公衆の面前で完コピしやがったんです‼(あら失礼)

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。