ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

2つの素材だけでこの完成度。ホットドッグはただ者じゃない

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:uralatokyo:20170520171552j:plain

ファストフードやカフェなどで、長年の定番人気商品であるホットドッグ。コンビニでもオリジナル商品が販売されています。

誰もが知っているし食べたことのあるものですが、日本の食生活においては意外に出番が少ないというか、影が薄いというか、少なくともハンバーガーよりマイナーなイメージがありませんか。

なぜでしょう。

作るのも簡単だし(だってパンにソーセージを挟むだけ)、パンもソーセージも手軽に手に入るのに。

ハンバーガーのハンバーグにはさまざまなソースやトッピングとの組み合わせによって「あなた色に染まります♡」という度量がある一方、ソーセージには「自分、この味ですから」と、本来持っているソーセージ自体の味を譲らないからでしょうか。そんな風に考えると、ホットドッグは不器用な奴です。

それにハンバーガーなら「照り焼き」とか「ベーコン入り」とか好みを言えても、ホットドッグの好みと聞かれると「……」となる人も少なくないのでは。そうですよね、バリエーション少ないから。なんだかホットドッグが気の毒になってきた。

そこで、今回は自宅でホットドッグを作り、自分の好みのホットドッグを見つけてみようではありませんか。トッピングが少ないならむしろそれを逆手に取り、パンとソーセージ、ケチャップ、マスタードだけで勝負です。他は一切なし。固いパンと柔らかいパン、ソーセージ各種、この組み合わせで何パターンか作ってみます。

食材はすべてコンビニやスーパーマーケットで買えるもののみ。ホットドッグを作るためにデパ地下の専門店で買い出しするのは、料理をするのが好きになって「俺のこだわり」ができてから。まずは手軽に、気軽に調達できる食材でいきましょう。

さて、買ってきましたよ。並べてみます。まずはソーセージから。

f:id:uralatokyo:20170520171610j:plain

ソーセージは上から輸入物のフランクフルト、チョリソ、粗びきソーセージ、ブラックペッパー味、粗びきフランクの5種です。

続いてパンはこちら。

f:id:uralatokyo:20170520171630j:plain

上3つが固め、下の2つが柔らかめのパンです。

左上から時計回りに、表面が固めのプレーンロール、ローストした亜麻仁(あまに)を練り込んだフランスパン、今回購入したパンの中でもっとも固くボリュームのあるフランスパン風のパン、食パンなどと一緒に並んでいるもっとも一般的な縦長ロールパン、今回購入したパンの中でもっとも柔らかい米粉の入ったパン、です。

これでおいしそうな組み合わせを考えて、早速作ってみます。

ソーセージの調理はグリル、ボイル、電子レンジで加熱といった方法があります。焼き目が付いたほうが見た目はおいしそうですが、ホットドッグはソーセージの調理法にこれといったルールがないので、今回はすべてボイルしてみました。ちなみに電子レンジで加熱する場合は、ソーセージの皮がはじけてしまうので、切れ目を入れておきましょう。

なお、今回はパンとソーセージの組み合わせがしっかり見えるようにするため、あえてケチャップとマスタードを塗っていません。食べるときはばっちり塗りますのであしからず。

また、パンは軽くトーストするケースもありますが、そのまま食べても食感が楽しめるパンばかりだったので、今回はすべて購入した状態のままで使っています。冷蔵庫に入れていたパンを使う場合などは、面倒くさがらずにトースターで少し温めましょう。

まず、固めのパンには太めのソーセージがいいかなと思いこれ。フランスパン風のパン&輸入物のフランクフルト。食べ応えありそうです!

f:id:uralatokyo:20170520171659j:plain

固めのパンは主張が強いので、それに負けないソーセージと組み合わせるといいようです。

そこでこのソーセージと組み合わせてみたらばっちり。ボリュームも満点で、これだけで十分、一食分になります。

続いてこちら。

f:id:uralatokyo:20170520171712j:plain

亜麻仁を練り込んだフランスパンとチョリソの組み合わせは、個性と個性のぶつかり合い。これもよく合います!

続いて固めのパンでもうひとつ。

f:id:uralatokyo:20170520171726j:plain

これは必然の組み合わせですね。太短い(?)ものと太短いもの。なんならこの粗びきフランクは、縦に2本置いてもいいかもしれません。

続いて柔らかいパンとの組み合わせはこちら。

f:id:uralatokyo:20170520171740j:plain

スーパーやコンビニにも売っている真ん中で割れた縦長ロールパンと、ちょっと長めの粗びきソーセージ。普通サイズの粗びきソーセージなら2列縦隊で。

f:id:uralatokyo:20170520171803j:plain

これがいちばんよく見かける「ホットドッグ」かもしれませんね。ケチャップとマスタードをかければこんな感じ。味も想定内といったところです。

そして最後がブラックペッパー味のソーセージと、米粉の入ったふわふわパンの組み合わせ。

f:id:uralatokyo:20170520171821j:plain

ふわふわなパンがブラックペッパー味をやさしく受け止め、なかなかの相性です。

今回は「このパンにはこのソーセージかな」と考えて組み合わせてみましたが、もちろんよりベストな組み合わせもあるでしょう。

また、マスタードは粗びき派という人もいるでしょうね。それもありだと思います。ちなみに私はからし派です。

身近にある食材だけでこんなに何種類ものホットドッグができて、自宅でハンバーガーを作るよりはるかに手軽に作れる。注目してみれば、こんなにいい仕事をしてくれるナイスガイでした。余ったソーセージやパンは冷凍保存できるので無駄にすることもありません。

パンとソーセージだけで完成する、究極のファストフード。自炊生活にどんどん取り入れていきたいものです。

※この記事は2017年5月の情報です。

書いた人:椿あきら

椿あきら

猫の下僕をしているライターです。猫と暮らすようになってから、断然家飲み派になりました。著書に『オリンピックと自衛隊 1964-2020』(並木書房)。 Twitter:@nananatsubaki

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【衝撃】「肉とビールでダイエットできる」は本当なのか?ビールを飲み放題しながら聞いてきた
こんなお手頃感を待っていた! 日本酒業界でも珍しい一合瓶専門店「ICHIGOU&TOKYO」【東京蒲田】
【激安肉が】「燻製ステーキ」をつくってみた【最高の味に】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。