体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ほしい時に、ほしい場所で荷物を受け取れる「宅配サービス」

ほしい時に、ほしい場所で荷物を受け取れる「宅配サービス」

雨の日も風の日も、日々大切な荷物を届けてくれるスタッフに、これ以上を求めるのは酷かもしれません。でもやっぱり、ワガママを承知で言わせてください。

「17時〜19時」のようにお届け枠が2時間単位だと、いまかいまかと自宅待機している時間が、どうしても惜しく感じてしまうのです。もちろん、ピンポイントで時間を約束するのが難しいという事情は、重々理解しているんですけどね。

ところが、そんなすべての消費者が感じているであろうお悩みを、物流とITの掛け算が解決してくれるかもしれません。もしこの取り組みが実現したら、私たちはもっと自由なライフスタイルを手に入れられそうです。

配送時間枠を
10分単位で指定できる

ほしい時に、ほしい場所で荷物を受け取れる「宅配サービス」 端的に言いましょう。DeNAとヤマト運輸が実用化を目指すこの「ロボネコデリバリー」は、スマホで受け取り先と時間を自由に設定できるサービス。欲しいときに欲しい場所で荷物を受け取ることができるのです。ほしい時に、ほしい場所で荷物を受け取れる「宅配サービス」 通常の宅急便と同じ8時~21時がお届け時間。でも、これまで2時間単位だった配送時間枠を10分単位で指定することが可能に。ほしい時に、ほしい場所で荷物を受け取れる「宅配サービス」 「欲しい場所」もこのように設定。到着3分前には、丁寧に電話で連絡してくれます。ほしい時に、ほしい場所で荷物を受け取れる「宅配サービス」

到着後、QRコードの読み取りor 受け取り番号の入力でBOXのロックを解除、受け取りという流れ。ほしい時に、ほしい場所で荷物を受け取れる「宅配サービス」ほしい時に、ほしい場所で荷物を受け取れる「宅配サービス」

20時50分帰宅でも、間に合う。

ほしい時に、ほしい場所で荷物を受け取れる「宅配サービス」

もっとも恩恵を受けるのは、会社勤めの人でしょうか。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会