ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ISEKI(ex.キマグレン)、早くもAORカバー第二弾がリリース決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ISEKIが8月30日に「AORカバー・シリーズ」の第二弾作品『AOR FLAVA -sweet blue-』をリリースすることがわかった。
ISEKI (okmusic UP's)
2015年にキマグレン10年の活動に終止符を打ち、ソロアーティストとして始動したISEKI。今年に入ってからはその活動をより一層活発化させており、1月からスタートしたソロ初となる全国対バンツアー『ISEKI LIVE 2017~COFFEE & SOUL~』が5月6日(土)にMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで盛況のうちに幕を閉じ、6月28日には待望のソロデビュー作品となる1stミニカバーアルバム『AOR FLAVA -mellow green-』のリリースを控えている。

そのISEKIが、早くも8月30日にシリーズの第二弾となる『AOR FLAVA -sweet blue-』をリリースする。この「AOR FLAVA」シリーズはISEKI自身が大きく影響を受けたアーティストを中心に、“「J-POP」の中のAOR風味の名曲を季節に合わせて選曲してカバーする”というコンセプトであり、第二弾も前作同様にカバー曲に1曲オリジナルコラボ曲が収録されるという。

6月リリースの第一弾作品では、元・椿屋四重奏のヴォーカル/ギターで現在はシンガーソングライターとして活動中の中田裕二を迎えて「HOLD YOU feat.中田裕二」という新曲が収録されたが、8月リリースの第二弾では誰をお相手として迎え入れるのか気になるところ。また、どういった名曲をカバーしたのかにも注目が集まる。今のところ、そのヒントとなるのは副題の“-sweet Blue-”というキーワードのみだ。引き続き、続報を楽しみに待ちたい。

そして、最新のアーティスト写真も同時に公開された。メジャーデビュー決定後に初めて行なわれた撮影は、ISEKIの地元であり原点でもある逗子海岸。やはり、この男には“海”と“太陽”が良く似合う。ただし、キマグレン時代と同じシチュエーションにもかかわらず、その当時とはイメージが大きく違い、大人の色気とキャリアを積んで円熟味を増した一人のアーティスト“ISEKI”の姿を捉えた写真になっている。

この写真からも窺えるように、今のISEKIだからこそ「AOR FLAVA」と銘打って、時代を超えて愛される名曲たちを自身のパワーと融合させられるのかもしれない。

ISEKI風味に仕上がった名曲たちをいち早く試聴できるダイジェストムービーも公開されているので、まずはこちらをチェックしてみてほしい。

『AOR FLAVA -mellow green-』ダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=KQeedEbpkTM

【リリース情報】
アルバム『AOR FLAVA -sweet blue-』

2017年8月30日発売

TKCA-74543/¥1,852+税

アルバム『AOR FLAVA -mellow green-』

2017年6月28日発売 

TKCA-74516/¥1,852+税

<収録曲>

M1.DOWN TOWN(シュガー・ベイブ)

M2.しらけちまうぜ(小坂忠)

M3.ドラマティック・レイン(稲垣潤一)

M4.シングルベッド(シャ乱Q)

M5.接吻(オリジナル・ラヴ)

M6.十人十色(大江千里)

M7.メロディー(玉置浩二)

M8.HOLD YOU feat.中田裕二  ※オリジナル・コラボ曲

ISEKI (okmusic UP's)
アルバム『AOR FLAVA -mellow green-』 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。