体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レビュー】アーティストの技を手軽に!「PLAYLIST」の新アイテム

マンネリ化したメークから脱却して、この夏ワンランク上の仕上がりを目指したい…という人におススメなのが、6月1日(木)に発売される「PLAYLIST(プレイリスト)」の新アイテム。

同ブランドは、資生堂ビューティークリエーションセンターに所属する約 40 名のヘア&メーキャップアーティストの経験とノウハウから生まれたもので、発売されるアイテムには、彼らがバックステージで使う「小技・隠し技」が存分に活かされている。

今回発売された新商品は、いつものメークにプラスするだけでキレイになれちゃう、というスグレモノばかり。編集部でいち早く入手したので、ここで詳しくご紹介しよう。


まずは「プレイリスト リタッチペンシル」1620円(税込)[※編集部調べ]。


これは、マスカラやアイラインが思わぬところについてしまったとき、


ササッとピンポイントで修正できるペンシルタイプのリムーバー(メーク落とし)。


リムーバーといっても、使った部分が色ヌケしない色つきタイプなので、とにかく便利。ちょこちょこっと塗れば、あっと言う間にキレイに。ペンシルの反対側にはふきとり・ なじませ用のチップも付いており、これ1本で細かいメークのリタッチが完了。

もちろん、口紅ラインのはみだしにも大活躍!これさえあれば、朝時間がないときも安心だし、外出先でのメーク直しもラクラク。無理にこすったりする必要がないから、肌に負担をかける心配がないのもウレシイ。

次は、つけた瞬間マットにチェンジするという「プレイリスト インスタントリップヴェール 10」 2160円(税込)[※編集部調べ]。


これも、マルチに使える便利アイテム。口紅を塗った上から重ねると、マットでシックな口もとに。リップベースとして使うと、唇の縦じわを目立たなくし、口紅のにじみを防いで美しい仕上がりをキープしてくれるという。

1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy