ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【レビュー】アーティストの技を手軽に!「PLAYLIST」の新アイテム

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

マンネリ化したメークから脱却して、この夏ワンランク上の仕上がりを目指したい…という人におススメなのが、6月1日(木)に発売される「PLAYLIST(プレイリスト)」の新アイテム。

同ブランドは、資生堂ビューティークリエーションセンターに所属する約 40 名のヘア&メーキャップアーティストの経験とノウハウから生まれたもので、発売されるアイテムには、彼らがバックステージで使う「小技・隠し技」が存分に活かされている。

今回発売された新商品は、いつものメークにプラスするだけでキレイになれちゃう、というスグレモノばかり。編集部でいち早く入手したので、ここで詳しくご紹介しよう。


まずは「プレイリスト リタッチペンシル」1620円(税込)[※編集部調べ]。


これは、マスカラやアイラインが思わぬところについてしまったとき、


ササッとピンポイントで修正できるペンシルタイプのリムーバー(メーク落とし)。


リムーバーといっても、使った部分が色ヌケしない色つきタイプなので、とにかく便利。ちょこちょこっと塗れば、あっと言う間にキレイに。ペンシルの反対側にはふきとり・ なじませ用のチップも付いており、これ1本で細かいメークのリタッチが完了。

もちろん、口紅ラインのはみだしにも大活躍!これさえあれば、朝時間がないときも安心だし、外出先でのメーク直しもラクラク。無理にこすったりする必要がないから、肌に負担をかける心配がないのもウレシイ。

次は、つけた瞬間マットにチェンジするという「プレイリスト インスタントリップヴェール 10」 2160円(税込)[※編集部調べ]。


これも、マルチに使える便利アイテム。口紅を塗った上から重ねると、マットでシックな口もとに。リップベースとして使うと、唇の縦じわを目立たなくし、口紅のにじみを防いで美しい仕上がりをキープしてくれるという。

さらにファンデーションの上から使用すると、肌のテカリをおさえてなめらかでマットな仕上がりに。Tゾーンがテカってきたな、と思った時も、気になる部分にサッと重ねるだけでオッケーだ。


「プレイリスト インスタントリップヴェール20」 2160円(税込)[※編集部調べ]は、使う人・時間によって 異なるピンクに発色する不思議グロス。


見た目は完全に無色透明なのに、


唇に乗せるとクリアなピンクに。唇の水分量に反応するから、つける人やつける日によって発色が異なる、というのもなんだか楽しい。

それにこのリップ、色持ちがスゴイ。朝一度塗ると、ランチを食べた後でもキレイなまま。またリップベースとして使用すると、口紅の発色が高まり、美しい仕上がりを長時間キープすることができる(※色持ち時間には個人差があります)。


リップブラシには、やはり新発売の「プレイリスト マルチブレンディングブラシ S」1620円(税込)[※編集部調べ]がおススメ。


このブラシは、アーティストの指先を徹底解析して商品化したもの。繊細なタッチで目もとや口もとの凸凹にフィットするから使い勝手バツグン。最近トレンドのグラデリップや馴染みリップも思いのまま!

先ほどご紹介した「プレイリスト インスタントリップヴェール 10」もこのブラシを使えば手早くむらなく仕上げることができるので、ぜひ使ってみて。

最後は昨年9月に発売され、大評判になった「プレイリスト スキンテクスチャーヴェール モイスチャーライジング」から登場した、持ち歩きに便利な「チューブタイプ」3780円(税込)[※編集部調べ]。

この商品は、メークの上からひと塗りするだけで、素肌の透明感が高まったような、みずみずしいつや感をプラスしてくれる「化粧上地」。

みずみずしい感触でなめらかに肌に広がり、うるおい感があるのにベタつかないから、使い心地も最高!

会社帰りに予定がある、という日もこれ一つでくすみや乾燥を吹き飛ばしてくれるから、ぜひ化粧ポーチの中に常備しておきたい。

ちなみに化粧下地として使っても、ファンデーションがなめらかにフィットするからおススメ。

いずれもテクニックいらずで、“いつもより何だかキレイになれる”優秀アイテムばかり。プロのアーティストの技を手軽に取り入れたいのなら、「PLAYLIST」の新商品をお試しあれ。
http://www.shiseido.co.jp/playlist/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。