体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おとぎ話の世界に迷い込んだよう。南仏のスミレの村「トゥーレット・シュル・ルー」

おとぎ話の世界に迷い込んだよう。南仏のスミレの村「Tourettes Sur Loup」
南フランスには、可愛らしい家や花に彩られた村がたくさんあります。2017年春に日本でも公開された、ディズニー映画の実写版「美女と野獣」も、そんな南仏の村をイメージして撮影されたと言われています。そんな中でも、とりわけ可愛らしい、しかもまだそれほど観光地化されていない「Tourettes Sur Loup(トゥーレット・シュル・ルー)」という村をご紹介したいと思います。そこはまるで、絵本の中の世界のようでした。

どこを撮っても絵になるフォトジェニックな村の内部

おとぎ話の世界に迷い込んだよう。南仏のスミレの村「Tourettes Sur Loup」
(c)Naoko Kurata

南フランスでは、かつて敵からの侵攻を防ぐため、切り立った崖や岩山の上に村が作られていました。今でも中世からの姿をそのまま残す小さな村が点在しており、これらの村々は崖に立つ様子から「鷲の巣村」と呼ばれています。今回ご紹介する「Tourettes Sur Loup」もそんな鷲の巣村のひとつで、外側から見ると確かに山の上に外部からの侵入を拒むような厳しい表情を見せています。

おとぎ話の世界に迷い込んだよう。南仏のスミレの村「Tourettes Sur Loup」
(c)Naoko Kurata

けれどその内部に入ると、村の表情は一変します。

おとぎ話の世界に迷い込んだよう。南仏のスミレの村「Tourettes Sur Loup」
(c)Naoko Kurata

おとぎ話の世界に迷い込んだよう。南仏のスミレの村「Tourettes Sur Loup」
(c)Naoko Kurata

どこを切り取っても可愛らしい光景にあふれているのです。まるでおとぎ話か、中世の世界にタイムスリップしてしまったかのような錯覚に陥ります。

おとぎ話の世界に迷い込んだよう。南仏のスミレの村「Tourettes Sur Loup」
(c)Naoko Kurata

おとぎ話の世界に迷い込んだよう。南仏のスミレの村「Tourettes Sur Loup」
(c)Naoko Kurata

ため息がでるような光景ばかりで、どの画像をSNSでシェアしようかしらと嬉しい悩みまで生まれました。
しかもこの村は、フォトジェニックなばかりではなく、南仏らしいお土産が購入できる場所でもあったのです。

お土産にぴったり?南仏らしいアイテムたち

おとぎ話の世界に迷い込んだよう。南仏のスミレの村「Tourettes Sur Loup」
(c)Naoko Kurata

実はこの「Tourettes Sur Loup」はスミレの産地としても有名で、スミレの花は村のシンボルにもなっています。そのため、村の地面にはスミレのステッカーも貼り付けられているほど。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy