ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

エレファントカシマシ、異常な空気感の客電付き渋公ライヴが完全に蘇る!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

エレファントカシマシの伝説となっている1988年の渋谷公会堂ライヴが、完全収録されたパッケージで蘇る。さらに、一夜限りのプレミアム上映も決定した。
エレファントカシマシ (okmusic UP's)
エレファントカシマシが長年にわたって高い評価を受け続けている大きな要因の一つが“ライヴ”であり、そのいくつかに伝説と称されるものがある。遡ること29年前、1988年9月10日の渋谷公会堂ライヴはまさにそのひとつ。

デビュー(1988年3月)後わずか半年。発表時には無謀との声も上がっていたと言われる。当時映像制作の第一人者となりつつあった故・坂西伊作が撮影監督として企画段階から加わり、すべてが進められた。

剥き出しの無機質な舞台。バンドが登場し、おもむろに演奏が始まるが、客席の照明は付いたまま。演奏は力強く闘争的で、それが凄まじい圧力に変わる。そして、随所でヴォーカル宮本浩次の感情が露になる。異常な空気感が会場を支配した。怒涛の全14曲、緊迫の70分。終演まで客席の照明が落ちることはなかった。

この伝説的ライヴは16mmフィルムのカメラ5台で全編撮影、音はデジタルマルチテープで録音されたが、映像はこれまでほとんど世に送り出されることはなかった。だが、ライヴから約29年経過した2017年、映像・音源を最新技術によってレストアリマスタリングし、ここに完全に蘇ることになった。ライヴ映像を完全収録したパッケージ(Blu-ray・DVD)は7月26日リリース予定。

パッケージ発売に先駆け、7月11日(火)には、Zepp Tokyo・Zepp Nambaで一夜限りのプレミアム上映も決定した。ライヴ感覚で伝説のライヴの臨場感をリアルに体感できる絶好の機会だ。チケットは6月1日(木)より、プレオーダー開始。

また、エレカシの新曲「風と共に」も6月1日(木)より、NHK『みんなのうた』でオンエアがスタートとなった。宮本がNHK『みんなのうた』「はじめての僕デス」を歌ったのは、NHK東京児童合唱団に所属していた今からおよそ40年前(1976年8月~9月初回放送)。それからバンドデビュー30周年を迎えた今、自身の半生振り返って『みんなのうた』に書き下ろしたのが「風と共に」だ。“子供も大人も、夢を胸にいだいていきてけたら”――そんな想いが込められたエレカシ約1年ぶりの新曲となる。

Blu-ray & DVD『エレファントカシマシ~1988/09/10渋谷公会堂~』
2017年7月26日発売

【Blu-ray】

品番未定/¥5,500+税

【DVD】

品番未定/¥4,500+税

「エレファントカシマシ、デビュー30周年記念!ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ~1988/09/10渋谷公会堂~』世界初、一夜限りのプレミア上映@Zepp東阪」
日程:7月11日(火)

開場/18:30 開演/19:30

会場:Zepp Tokyo(東京)、Zepp Namba(大阪)

<チケット価格>

前売券|一般自由席(全席自由):2,700円(税込)/スタンディング:1,700円(税込)

当日券|一般自由席(全席自由):3,000円(税込)/スタンディング:2,000円(税込)

※ご入場時に、別途ワンドリンク+500円をいただきます。

<チケット発売>

【プレオーダー(抽選)】

2017年6月1日(木)12:00~2017年6月11日(日)23:59

・イープラス(PC、モバイル共通)

http://eplus.jp/ek_shibuko/

【一般発売(先着)】

2017年6月16日(金)15:00~2017年7月10日(月)23:59

※各社プレイガイドによって終了時間が異なります。

※いずれも一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。

・イープラス(PC、モバイル共通)

http://eplus.jp/ek_shibuko/

※WEBからお申込みの上、ファミリーマートもしくはセブン-イレブンでチケットをお受取ください。

または、全国のファミリーマート店内のFamiポートにて販売。

・チケットぴあ(PC、モバイル共通)

http://w.pia.jp/t/ek_shibuko

Pコード:556-827[東京・大阪共通]

※WEBからお申込みの上、全国のセブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗でチケットをお受取ください。

または全国のセブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗にて販売。

■公式サイト

http://www.110107.com/ek_shibuko

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。