ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

エド・シーラン、カミラ・カベロのソロ・デビューALに楽曲を提供「JBっぽいファンク」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
エド・シーラン、カミラ・カベロのソロ・デビューALに楽曲を提供「JBっぽいファンク」

 自身のニュー・アルバム『÷』(ディバイド)と新曲「シェイプ・オブ・ユー」の大ヒットもさることながら、ジャスティン・ビーバーの「ラヴ・ユアセルフ」やザ・ウィークエンドの「ダーク・タイムズ」など、今をときめく有名アーティストたちからもソングライターとして引っ張りだこのエド・シーラン。そんな彼が、フィフス・ハーモニー(5H)を脱退してソロ活動を始めたカミラ・カベロに楽曲を提供したことを明らかにした。

 シーランはブラジルのタレント、ヒューゴ・グロスとのインタビューで、カミラにどういう曲を歌ってほしいかという具体的なイメージがあったのでデモテープを彼女に送ったところ、歌詞の90%ほどを書き直されたと明かしている。インタビューの時点では最終ヴァージョンを聴いていないと断りつつも、「ジェームズ・ブラウンっぽいファンク。なんて説明したらいいのかな……ビヨンセが“クレイジー・イン・ラブ”を出した時みたいな、“sass”(生意気さ)とヴォーカル中心な感じ。カミラの声は目立たせるべきなんだよ」と曲のイメージについて語っている。

 シーランは、自分が関わった曲が2017年9月にリリース予定のカミラのソロ・デビュー・アルバム『ザ・ハーティング、ザ・ヒーリング、ザ・ラヴィング』に収録されるかは知らないと話しているが、その後カミラ本人がBeats 1のゼイン・ロウの番組でこの曲が「The Boy」(ザ・ボーイ)というタイトルで、アルバムに収録されていることを認めた。彼女は今年初めの米ビルボードのインタビューで、大好きなエド・シーランといつかコラボレーションすることが夢だと語っていた。

◎インタビュー映像
https://twitter.com/dazzlecamila/status/869903831953326080

関連記事リンク(外部サイト)

エド・シーラン、「ゴールウェイ・ガール」MVを実際に現地でロケ&地元住民と交流
米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーランが12週目の首位、ハリー・スタイルズのソロ・デビュー曲が4位初登場
エルトン・ジョンがエド・シーランへ送った、音楽/名声/体重管理に関するアドバイス

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。