ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

エルビス・コステロとバート・バカラックの意外な関係

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

エルビス・コステロとバート・バカラックの意外な関係
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」のワンコーナー「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」(ナビゲーター:西村由紀江)。5月31日(水)のオンエアでは、「初夏のバート・バカラック」をテーマに、エルビス・コステロ with バート・バカラックの「ペインテッド・フロム・メモリー」をご紹介しました。

1977年、若きコステロは、プロとして初めて自分以外の人が作った曲をレコーディングしてリリースしました。それがバカラックの曲です。新しい世代のブリティッシュパンクと呼ばれていたコステロが、バカラックの曲をカバー。当時はかなり驚かれたそうです。

ところが、インタビューでコステロ自身はこう語っています。

「僕にとって彼の音楽は、常に大きな意味を持っているんだ」(コステロ、以下同)

コステロのお父さんは地元のクラブで歌うシンガーでした。そのお父さんが大好きだったのがバカラックの曲。子供の頃は家でバカラックナンバーは定番だったそうです。

「家の絨毯に寝転がるように、僕はバカラックを毎日聞いていた。いつだって流れていたんだ。いつの間にかバカラックの音楽が僕の血や肉になっていた」

コステロとバカラックの意外とも思えたコラボレーションは、コステロの幼少期の記憶と体験が大きく影響していたようですね。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」
放送日時:月・火・水・木曜 15時10分−15時15分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/secretnotes/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。