体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ばってん少女隊、1stアルバムジャケ解禁! 参加ミュージシャンも超豪華!

平均年齢15歳のばってん少女隊が、6月21日にリリースする1stアルバム『ますとばい』のジャケット写真3形態を公開した。
アルバム『ますとばい』【ますと盤】(CD+インストCD+Photobook+Blu-ray) (okmusic UP's)
アルバムタイトル『ますとばい』には、大海原を進む船の帆を支える“マスト”の意味も込められており、「ますと盤」ではマスト上にマリンルックを基調としたキュートな衣装を着たメンバーが、「見んしゃい盤」ではマストに捕らえられたメンバーが、「聴きんしゃい盤」では手旗信号でBATTENを現すメンバーがデザインされている。

あわせて、全13曲の楽曲提供アーティスト/演奏ミュージシャンのクレジットも明らかに。インディーズデビューシングルの「ばってん少女。」は、“ますとばいver.”として新たにレコーディング。レコーディングメンバーには、ギターに田渕ひさ子(toddle)、ベースに中尾憲太郎というNUMBER GIRL組に加え、ドラムにMASUO(BACK DROP BOMB)が参加。九州出身アーティストによる演奏により、さらにパワーアップしている。同じくAKIRASTAR(アキラスター)作詞・作曲・編曲のタイトル曲/新曲「ますとばい!」も同様の演奏陣によるもので、ライヴでの初披露以来、すでに大きな盛り上がりを見せている。

そのほか、新曲「とーと。」はChabeこと松田岳二が作詞・曲・編曲を手がけるロカビリーテイストのキュートなポップチューンで、演奏陣にはChabeのバンド、LEARNERSのメンバーが参加。「乙女ノ手札」は作詞にアカシックの理姫、作曲・編曲は3rdシングル「すぺしゃるでい」と同じく4106xxx(SCAFULL KING、BRAZILIANSIZE)による楽曲で、演奏陣も「すぺしゃるでい」同様、ギターでKOHKI(BRAHMAN、OAU)が参加、新たにドラムで柏倉隆史(toe、the HIATUS)も参加している。

また、すでにライヴでも定番曲となっている演歌界の貴公子、山内惠介がゲストヴォーカルで参加するGSロックナンバー「のびしろ行進曲」。リリース済みの、渡邊忍(ASPARAGUS)作詞・作曲・編曲&ドラムで恒岡章(Hi-STANDARD)が参加するメジャーデビューシングル「おっしょい!」。『ドラゴンボール超』のエンディングテーマにも起用された、KEYTALK・小野武正が作詞・作曲、NARASAKIが編曲の2ndシングル「よかよかダンス」。フレデリックによる提供・演奏曲で、中毒性の高い「コトバテニス」も収められる。

まさに、“マストバイ”な1stアルバムに期待せずにはいられない! ちなみに、初回限定の「ますと盤」には収録全曲のインスト音源のみを収録したCDも付属している。

アルバム『ますとばい』
2017年6月21日発売

【ますと盤】(CD+インストCD+Photobook+Blu-ray)

VIZL-1182/¥5,556+税

※超豪華BOX仕様

【見んしゃい盤】(CD+Blu-ray)

VIZL-1183/¥4,167+税

※初回生産分のみトレカ封入

【聴きんしゃい盤】(CDのみ)

VICL-64806/¥2,315+税

※初回生産分のみトレカ封入

<収録曲>

■CD

SE but-show TiME

01.夢のキャンバス

02.知っとっちゃん

03.アツか夏きたばい!

04.すぺしゃるでい

05.フレッ!フレッ!フレンズ

06.びびび美少女

07.コトバテニス

08.とーと。

09.のびしろ行進曲

10.夢のスコール

11.ばってん少女。

12.ころりん HAPPY FANTASY

13.よかよかダンス

EN1.さよならDESTINY

EN2.STORM!

EN3.おっしょい!

ENDING ますとばい!

■Blu-ray ※ますと盤、見んしゃい盤のみ

・「おっしょい!」「よかよかダンス」「すぺしゃるでい」MV&振り付けビデオ

・「ばってん少女隊の、田舎娘が四大都市のライブハウスを巡るツアー」〜4.6東京大会〜

【楽曲クレジット詳細】
01.おっしょい!

lyrics&music&arrangement:渡邊忍(ASPARAGUS)

Gu:渡邊忍

Ba:原直央(ASPARAGUS、Noshow)

Dr:恒岡章(Hi-STANDARD)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。