体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『日清のどん兵衛 ゆず仕立ての鶏白湯うどん』は流行りの”鶏白湯”でうどん派もラーメン派もうれしい和洋折衷!

和風カップ麺のトップブランド「どん兵衛」シリーズに、新風味が登場! その名も『日清のどん兵衛 ゆず仕立ての鶏白湯うどん』。鶏白湯といえば、ラーメンで人気の味として名が知れて久しいが、今回はうどんスープになって出現。その味をさっそく確かめてみた!

もっちりつるつるのストレート麺が、鶏白湯にどう絡まるか?

日清食品株式会社の大人気ブランド「どん兵衛」は、1976年発売。この年は同社の「日清焼そばUFO」誕生の年でもあり、カップ麺ファンにとって革命的な一年だったに違いない。「どん兵衛」が和風カップ麺の頂点に君臨し続けられる理由は、現在のもっちりつるつるのストレート麺と豊富なバリエーションにある。それほど奇抜な風味を出現させるようなブランドではないが、ブームや季節を突いてくるハズレのないバランス感覚が特長的だ。

 

今回新発売された『日清のどん兵衛 ゆず仕立ての鶏白湯うどん』(84gうち麺66g・希望小売価格 税抜180円・発売中)は、うどんなのにラーメンの人気スープをアレンジした春の新作。昨年末に登場した「どん兵衛 旨辛 酸辣湯うどん」よりは万人に食べやすそうな風味だ。ブランドサイトによると「鶏のうまみたっぷりのまろやかな鶏白湯をベースに、ゆずの風味をアクセントに加えている」というからこれは期待大。さっそく作っていこう。

 
あわせて読みたい:『日清のどん兵衛 旨辛 酸辣湯うどん』中国料理でおなじみのすっぱ辛い麺料理がうどんバージョンに変身!

 

かつてない、ゆずの香りの強さ!

小学生でも手軽に作れる「どん兵衛」は、スープとかやくの袋を開けて、お湯を注ぐだけ。かやくの袋を開けた瞬間、そのものすごく強い「ゆず」の香りにびっくり!

ゆずの爽やかな香りが、アクセント程度ではなく主張している。お湯を注ぐとさらにゆずの香りが広がる。

5分後、フタを開けたときにもこれまたゆずの香りが強烈。これまで食べてきたゆず系のカップ麺は、うどんやにゅうめん、ラーメンいずれにしても最初だけゆずの香りがして、その後は香りも味もすぐに消えるイメージだったが、『日清のどん兵衛 ゆず仕立ての鶏白湯うどん』はとにかくずっとゆず。これはゆず好きにはたまらない!

いつもならこのまますぐにいただくのだが、今回は調味オイル付き! これを入れることで、さらに鶏のうまみと香りがアップ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。