体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オシャレすぎる「餃子の王将」は本当に実在するのか

オシャレすぎる「餃子の王将」は本当に実在するのか f:id:Meshi2_IB:20170427092826j:plain

こんにちは。メシ通リポーターの鷺ノ宮やよいです。

「餃子の王将」といえば、リーズナブルなお値段と親しみやすい味わいで人気の大衆中華チェーン。けれど、そうした「餃子の王将」とは一線を画す“ちょっとオトナな王将”があることを皆さんはご存じでしょうか?

いったいどこがどう違うというのか……めちゃくちゃ気になる!

というわけで、今回は「GYOZA OHSHO 大宮駅西口店」に行ってまいりました。

外観からしてとまどいを隠せない

「王将」といえば、真っ赤な背景に「餃子の王将」と白抜きで書かれた原色系の看板が目印。

それだけに「GYOZA OHSHO 大宮駅西口店」も、すぐにお店が見つけられるはず! と思いきや……。

えーっと、このへんのはずなんだけど……と地図を見ながらウロウロする私。

f:id:Meshi2_IB:20170427092812j:plain

!!!!!!!

マジかーーーっ!! ……外観からして私の知ってる王将じゃないんですがーーー!!!

f:id:Meshi2_IB:20170502090828j:plain

申し訳程度に小さく見慣れた「餃子の王将」マークはあるものの、白と黒でまとめた外観、黒地に「GYOZA OHSHO」のローマ字表記。いつもの「餃子の王将」の面影はまったくナシ。親しい友人がある日突然、外国人になって現れたレベルですよ、こんなもん。

黒を基調とした開放感のある店内

衝撃を受けつつも店内へ。……ハイ、この外観からも推察できるとおり、店内も我々が知っている、そしてイメージするであろう「餃子の王将」とは異なるものでした。

f:id:Meshi2_IB:20170427092813j:plain

訪れたのは昼過ぎでしたが、近隣のサラリーマンなど男性はもちろんのこと、女性のひとり客も見られました。

f:id:Meshi2_IB:20170427092814j:plain

明るく開放感があって通常の「餃子の王将」には入りづらいという女性も、ここなら気軽に入れそう。

f:id:Meshi2_IB:20170427092815j:plain
1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy