体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どれを買っても間違いなしの歴代ロードスター。あなたならどれを選ぶ?

▲初代から一貫して「人馬一体」というコンセプトのもと、開発されているロードスター(左から初代、2代目、3代目)

▲初代から一貫して「人馬一体」というコンセプトのもと、開発されているロードスター(左から初代、2代目、3代目)

全世界で愛されるライトウェイトオープン2シーター

この車種が生まれていなかったらその後に登場したライトウェイトオープンカーは存在していなかった、とまでいわれる車種がマツダから1989年に登場したロードスターです。それまで縮小の一途をたどっていたライトウェイトオープンカー市場でしたが、初代ロードスターは登場から2年という短期間で累計10万台以上を販売するほどの大ヒットを記録。その後はメルセデスベンツ SLKやフィアット バルケッタ、MG F、BMW Z3など多くのフォロワーを生んだことでも知られています。

そんなロードスターも現行モデルで4代目となり、中古車市場にも多くの個体が流通しています。全世界で累計100万台以上の販売台数を記録しているので当然とも言えるのですが、記事執筆時点でも1300台以上の中古車が登録されており、一体どの代のロードスターがオススメなのか分からない! というアナタのために、ロードスターオーナーでもある筆者が初代から3代目までのロードスターのオススメポイントをお伝えしていきたいと思います!

初代ロードスター(1989~1997年)

登場から30年余りたっても古さを感じさせないルックスが魅力

▲日本の伝統文化「能面」がデザインモチーフとなったフロントマスク

▲日本の伝統文化「能面」がデザインモチーフとなったフロントマスク

平成元年の9月に日本で発売が開始された初代ロードスター。当時、マツダは国内で5チャンネル体制を推し進めており、その中の「ユーノス」ブランドから登場したことからユーノス・ロードスターの名前でデビューしています。そのため車検証上の車名もユーノスとなっており、型式のNA6CEの「E」はユーノス(EUNOS)の頭文字を表しているのです。

初代モデルは1.6リッターエンジンと5速MTの組み合わせでスタート。1990年3月にはAT仕様が追加されています。1993年にはエンジンを1.8リッターに換装し、車検証上の車名がマツダに。1995年にはさらに改良が入り、通称シリーズ2と呼ばれています。

▲多くの特別仕様車が用意されたのもロードスターの特徴のひとつ

▲多くの特別仕様車が用意されたのもロードスターの特徴のひとつ

そんな初代の最大の特徴はやはりリトラクタブルヘッドライトを用いたクラシカルなルックス。日本の伝統をデザインに落とし込んだその外観は、現在まで多くのユーザーをとりこにしています。しかし、最終モデルですら約20年が経過していることからも分かるように立派に旧車の仲間入りを果たしていることから、コンディションを維持するには費用がかさんでしまう可能性が。また、マツダがレストアプロジェクトの立ち上げを発表し部品の再生産をアナウンスしていることから、今後人気が再燃し、車両価格の上昇が見込まれます。

こんな人にオススメリトラクタブルヘッドライトを採用した初代モデルにベタぼれしてしまった人や、旧車を愛でるように、少々のトラブルも楽しめるような人にオススメしたい!

2代目ロードスター(1998~2005年)

初代をベースに大幅にレベルアップした2代目モデル

▲動力性能はもちろん、快適装備やユーティリティなども大幅に進化していた

▲動力性能はもちろん、快適装備やユーティリティなども大幅に進化していた

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy