体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

遺言書作ってみる?“虎の巻”付き『遺言書キット』

yuigon01


遺言書は、法的には15歳以上であればだれでも何度でも作成できるそうです。とはいえ、実際には法的に有効な遺言書を作成するルールがよくわからず、二の足を踏んでしまう人も多いようです。お役所に行ったり、弁護士さんに頼んだり、面倒くさいイメージもありますよね。

最近では遺言書を作成する人の数が年々増加しているとのこと。これも“団塊ブーム”の流れでしょうか? ともあれ、そこで登場したのが、コクヨS&Tから6月15日に発売される『遺言書キット』です。販売予定価格は2415円(税込み)。

yuigon02

書き方のルールさえ守れば、自分で作成しても“自筆証書遺言”として、法的に有効な遺言書にすることができます。『遺言書キット』は、自筆証書遺言の作成方法をわかりやすく説明した『遺言書虎の巻ブック』と、コピー防止機能付きの遺言書用紙、開封すると元に戻せないセキュリティ仕様の封印用封筒、下書き用紙、保管用台紙の5点セットになっています。

『遺言書虎の巻ブック』には、漫画や図表で遺言書の書き方や要点をわかりやすくまとめ、作成中に専門家に説明したいときのために、巻末にはインターネットから弁護士へ法律相談をする方法も紹介されています。法律相談には、弁護士紹介サイト『弁護士ドットコム』が特別協力。『遺言書キット』購入者を対象に、コクヨの『遺言書キット』公式サイトでアンケートに回答すると、『弁護士ドットコム』内のインターネット法律相談を2100円(通常3150円)で依頼することができます。

遺言書なんて、よほどの資産家でなければ作成しないものというイメージもありますが、自分の人生を振り返るために、また遺された家族への心づかいの意味を込めて作成を考える人もいるようです。今すぐというわけではなくても、何かのきっかけで遺言書を書くことを思い立ったときに、『遺言書キット』が役に立つかもしれませんね。(このニュースの元記事はこちら)。
 
 

■こんな話題のニュースもあります
【読者プレゼント】『東京ゲームショウ2009』のチケットが20組40名様に当たります!
新『iPhone 3G S』ついに発表! 300万画素カメラ&ビデオ録画機能も搭載
ノートPCを冷却するクーラーファン付きテーブル
冷蔵庫の扉を整理する『スキットマン 冷蔵庫にピタッとファイル』
デジタルメモ『ポメラ』の新色を限定販売開始

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。