体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北海道のお土産といえば「旭豆」でしょ?工場を見学してきた【北海道】

f:id:mesitsu_lc:20170501182254j:plain

昔懐かしい北海道のお土産はいかがですか?

香ばしく炒った大豆を、てんさい糖でコーティング。

お土産といえば「旭豆」は外せません!

シンプルだからこそ難しい、職人の技がキラリと光るお菓子に密着です。

今回、特別に製造工場を見学させていただくことができました!

日露戦争の後から作り続けているという伝統の味。

「旭豆」を作る 共成製菓株式会社 をご紹介します。

歴史ある豆菓子「旭豆」

f:id:mesitsu_lc:20170501182302j:plain

年々甘党になっている気がします。

最近ですと、甘いもので酒すら飲めるようになりました。

メシ通レポーターの裸電球です。

贈り物にすると大変喜ばれるお菓子があります。

その名も「旭豆」。

炒った大豆を砂糖でコーティングした、

シンプルなお菓子なのですが、これが止まらない。

一粒食べると、あれよあれよ。

ポイポイと運んでしまうではありませんか。

お茶請けはもちろん、お酒ともいいんですよ。

f:id:mesitsu_lc:20170501182247j:plain

▲旭豆 3号・2箱セット 626円

このパッケージに思い出のある人も多いのではないでしょうか。

戦後、甘いものがなかった時代から、

製法を守り通し、今なお販売を続けているのです。

旭川は札幌に次ぐ、北海道第2の都市ですから、

お土産にもらったことのある人もいると思います。

f:id:mesitsu_lc:20170501182248j:plain

何度かマイナーチェンジはしているものの、

基本的にデザインも当時のままです。

アイヌの女性がキャラクターとしてプリントされています。

公募した中からこのデザインを選んだそうなのですが、

その資料などは現在残っていないんだとか。

ただ、このデザインを超えるものはないだろうと、

それからずっと使い続けているそうです。

f:id:mesitsu_lc:20170501182303j:plain

表面はてんさい糖がカリッ!

中の大豆もカリッ!

食感も楽しいお菓子です。

白の粒のなかに「緑」がいくつか混ざっているのも大きな特徴。

みんなこの「緑」を狙って食べるんですよね。

色つきのソーメンと同じ感覚でしょうか。

ちなみに抹茶で色付けしていて、

袋の中にランダムに入っています。

今回は工場にお邪魔しちゃいます

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。