ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アメコミ風ヒューマノイドがスピーカーになった「Sound Heroes」は4分で資金調達を完了!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

tech-170530-heroes2「スピーカー」とは、どういう形の製品だろうか?

読者の皆様は、「スピーカー」と聞いてどのようなものを想像するだろうか?

なぜ冒頭からこのような問いを書いたかというと、これから紹介する製品は「斬新なデザインは消費者に歓迎される」という法則をまさに証明しているからだ。

「こんなスピーカー、見たことない!」と誰しもが思うだろう。

ヒューマノイド立像=Bluetoothスピーカー

tech-170530-heroes1アメリカの開発者が、ヒューマノイド型Bluetoothスピーカーなるものを開発した。その名は「Sound Heroes」。

まるでアメコミキャラのような、45cmサイズのヒューマノイド立像。これがそのままスピーカーとしての役割を果たすのだ。

土台部分に内蔵されているLEDライトの色は、じつに1,600万通り。しかもこの土台はスモークマシンを兼ねていて、音楽に合わせて演出の煙を吐き出す。なお、スマートフォンのワイヤレス充電装置も組み込まれている。

今のところ、Sound Heroesには11種のカラーバリエーションが用意されている。また、先ほど「45cmサイズのヒューマノイド立像」と書いたが、それとは別に72cmバージョンも開発された。前者は「Prime」、後者は「Premium」という呼称がついている。

もしPremiumが家屋の一室にあったら、恐ろしいまでの威圧感を放つことだろう。小さな子供などは、怖がってしまうかもしれない。

4分で目標額到達!

tech-170530-heroes3クラウドファンディングサービス「Indiegogo」での資金調達プロジェクトは、開始からわずか4分で目標額を達成してしまった。

値段はPrimeが100ドル(約1万1,000円)、Premiumが220ドル(約2万4,000円)の出資枠を設けている。ただしこれは数量限定であることを明記しておきたい。

スピーカーの新しい形を、Sound Heroesは我々に教えてくれている。そして人類が音楽を愛する限り、スピーカーは今後も進化し続けるのだ。

Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。