体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

bloodthirsty butchersのオルタナティブな傑作『kocorono』に詰め込んだ型にはまらないロック

前回紹介したZARDの坂井泉水もそうだが、春は何故か有名アーティストの命日が多い。尾崎豊、Dragon Ashの馬場育三は4月、hide、忌野清志郎は5月に亡くなっている。bloodthirsty butchersの吉村秀樹も2013年5月27日、若くしてこの世を去った。bloodthirsty butchersは一般的な知名度では前述のアーティストに及ばないかもしれないが、『フジロックフェスティバル』の常連でもあり、多くの海外ミュージシャンからも共演を嘱望された彼らは、1990年代以降、日本を代表するロックバンドのひとつであったことは間違いない。決して忘れてはならない偉大なるバンドである。
『kocorono』/bloodthirsty butchers (okmusic UP's)

ロックにおける独創性、創造性
さまざまなシーンで聞くことがある“オリジナリティー”という言葉。曰く、“創造性が大事”とか“独創性を発揮しよう”とか、そんな感じで使われている。音楽の世界においても、このオリジナリティーは重宝される傾向にあることは間違いないのだが、これがなかなか曲者元木だ。例えば、「真にオリジナリティーのあるロックはThe Beatlesだけ」とかいう話を聞いたことはないだろうか。ロックでやれることはほとんどThe Beatlesがやったとか、The Beatles以後のバンド、プロデューサーは自分のバンドをThe Beatlesに似せようとしていたとか。確かにThe Beatlesが世界の音楽シーン、世界のポップカルチャーシーンに与えた影響は計り知れないし、それは議論を待たない。だが、そのThe Beatlesが真のオリジナリティーある音楽だったかというと、それは微妙なところだ。何しろThe Beatlesのメンバー自身が1950年代のミュージシャン──Elvis Presley、Little Richard、Chuck Berryからの影響を公言している。「Roll over Beethoven」(『With the Beatles』収録)、「Rock and Roll Music」(『Beatles for Sale』収録)はChuck Berryのカバーだし、ロック以外にもThe Beatles はR&Bやソウルナンバーをカバーしている。よって、完全なるオリジナリティーはないし、そもそもElvis Presley、Little Richard、Chuck Berryらによる音楽=ロックロールにしてもR&B、ブルース、カントリー、ジャズからの派生とも言われているので、何がオリジナルかはかなり微妙だ。この話を突き詰めていくと、クラシックまで遡るが、モーツァルトが“私はオリジナルな曲など作ろうと努力したことなどこれっぽっちもない”と言ってるから、バロックやルネサンスまでいくのだろう。
結論を急げば、庵野秀明監督じゃないが、この世に完全なオリジナルなんてものは存在しないのである。つまり、皆に重宝される創造性、独創性の類いは過去のどこにもなかったものではなく、今まであったものの新たな使い方であったり、組み合わせ方であったりするのだろう。The Beatlesの偉大さはそういうことで、それまでプロデューサーと版権業者と音楽作家の連携──所謂ティンパンアレー方式で作られていた楽曲を、バンドが自作自演するというスタイルを後続に浸透させたこともそうだろう。バンドが自ら演奏する楽曲を自らで作ることで、それまでのロックンロールにはなかったサウンドが生まれたり、ジャケットデザインを含めて一貫したコンセプトを持ったアルバムも作られた。ロックロールを(あるいはR&B、ソウルも)咀嚼した上で、その演奏や録音を別の方法で試みた、というと語弊があるかもしれないが、そうとしか言いようがないと思う。
The Beatlesが提示した“オリジナリティー”は世界的に派生し続け、サイケ、ハードロック、プログレ、パンク、ニューウェイブ、ヘヴィメタルとつながっていく。日本においては、はっぴいえんど、シュガー・ベイブ、荒井由実、RCサクセション、大滝詠一らが欧米産のロック、ポップスに日本語を重ね合わせることに腐心し、それでも成立することを証明した。今日、ロックやポップスが日本の音楽シーンに当たり前のようにあるのは彼らの功績と言っても過言ではない。ロックはそうして世界でも日本でも一般層に浸透いったわけだが、大衆化は商業化とニアリーイコール。そこではコマーシャリズムを優先する音楽も生まれてきた。すると、今度はそれに異を唱えるというか、それとは一線を引こうとするアーティストが出現してくる。型にはまらず、普遍的なものを目指すアーティストたち。1980年代(1970年代後半という説もある)に彼らが鳴らした音楽がオルタナティブロックと呼ばれている。bloodthirsty butchers(以下、butchers)のサウンドが所謂オルタナであるかどうかは意見が分かれるところでもあるようだが、少なくともその精神性はかなり近かったことは間違いない。好きなロックを身体に浴び、体内に吸収した上で、型にはまらずに表現する。その意味において彼らがオルタナティブロックであったと言っていいだろう。『kocorono』を聴いて音楽史におけるロックの意味、あるいはロック史における1980~1990年代の位置付けを考えてしまった。かなり長文になってしまって申し訳ないが、butchersの音楽的背景、精神性、そこから創られた音楽をご理解いただく際の一助にはなろうかと思う。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。