ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

空きスペースを見つけて、自動で駐車してくれるロボット

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
空きスペースを見つけて、自動で駐車してくれるロボット

渋滞を乗りこえ、やっと目的地に到着!と思ったら、駐車場の空きがない。もう着いてるのにイライラ。こんな経験、誰しも身に覚えがあるのでは?

実は今、そんな私たちのためにパーキングの全てを引き受けてくれるロボが話題。フランスの「Stanley Robotics」が開発したこの「Stan」は、なんともう一部の空港で使われ始めているんですよ。

安心・安全・正確に
全ての行程がオートモード

空きスペースを見つけて、自動で駐車してくれるロボット

ビジュアルはこちら。一見シンプルですが、その機能は最新版。

まず、車体の下に台を滑り込ませ、車輪を優しく挟んで持ち上げることで、車を移動させます。様々なタイプ・サイズの車に対応しており、長さ最大6mの車まで運送可能。空きスペースを見つけて、自動で駐車してくれるロボット

次に、搭載されたセンサーで周囲の状況を把握しつつ駐車場内を移動。人工知能によって、読み取った車の大きさと周囲の空きスペースを照らし合わせます。ぴったりの場所を見つけたら、細心の注意を払って正確に駐車。

狭いスペースに駐めるのが苦手な人でも、「Stan」に任せれば車が傷つく心配もナシ。空きスペースを見つけて、自動で駐車してくれるロボット

アプリで予約
入り口で全員降車

空きスペースを見つけて、自動で駐車してくれるロボット

サービスを使うには、専用アプリからの予約が必要。当日駐車場に来たら、入り口付近の「待ち合わせスポット」に車を駐め、ドライバーを含め全員が下車します。鍵もしっかりかけること。そして、設置されたパネルにユーザー情報を入力。

あとは自動で迎えに来てくれるので、もう駐車場を離れて大丈夫です。完全に無人のサービスなので、車の中を見られたりすることもありません。

さらに驚きなのが、帰りの便を入力しておけば「Stan」が車を出しておいてくれるということ。ちょうどいい時刻に元の「待ち合わせスポット」まで安全に運んで来てくれるのです。「自動で駐められるとどこに車があるかわからないもでは?」という懸念もこれで解消。空きスペースを見つけて、自動で駐車してくれるロボット

海外のいくつかの空港では既に導入されているというこのロボット。空港以外での実用化が進んでも、アプリと連携していれば同じ仕組みで時間指定ができるようになるかもしれません。そのうち駐車場が完全に無人になり、ロボットだけが働いている光景を目にすることに?Licensed material used with permission by Stanley Robotics

関連記事リンク(外部サイト)

ロボットに権利は与えられるべきなのか?
公道を使った「ロボットタクシー」の実験が、ついに開始された!
「サラダ・ロボット」が、あなたの野菜ライフを手助けしてくれる。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。