ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

1万円以下で買える超小型のドライブレコーダー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
1万円以下で買える超小型のドライブレコーダー

万が一事故が発生した時のために、走行中の様子を録画するドライブレコーダー。通勤や営業回りで毎日のように長距離を運転する人なら、15,000~25,000円の多機能な製品を選びましょう。月に数回程度しか運転しないなら、バラエティショップで売られているドライブレコーダーで十分です。

ミニ液晶付きドライブレコーダー

「面白くて役に立つ」をモットーに、アイデア満載のPC周辺機器やスマホ用品を開発・販売するサンコー。そんな同メーカーのドラレコが「スーパーミニ液晶付きドライブレコーダー」です。

このドライブレコーダーは、超コンパクトサイズでありながら、赤外線LEDを搭載した本格モデル。視界をさえぎらず使えるのが魅力です。ムダの無い作りが好印象。miniHDMIケーブルでテレビにも接続できます

実際に、明るい時間帯の画質をチェックしてみました。赤が強めに出る派手な色合いは、信号の識別にも役立っていることが拡大するとよく分かります。信号色の識別は事故の記録として重要。画角も広い印象です。

ドライブレコーダーの画質チェック

続いて、暗く条件が悪い環境でのドライブレコーダーの画質もチェック。赤外線LEDをオンにした状態で撮影しました。昼間のように明るく撮れましたが、ナンバーも遠くの風景も白飛び気味。もっと夜が深くなれば有効かもしれません。

「スーパーミニ液晶付きドライブレコーダー」の仕様は、動画解像度が最大1920×1080ドットで、保存形式はAVI、画角は170度です。録画開始方法はエンジン始動時と動体検知。記録メディアじゃmicroSDカード(最大32GB)となっています。

電源はDC12V・24Vと内蔵バッテリー。サイズは4.8W×4.7H×3.5Dcmで重さは40g。吸盤アタッチメントとUSBケーブル(70cm)、シガーケーブル(350cm)が付属します。実勢価格は5,980円です。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。