体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

不信心だけれども江戸三十三観音めぐる。男の御朱印集めの旅 ~その三~

エンタメ

平成29年 某日 江戸三十三観音めぐり…第3日目。

 

※肌寒さはあるものの、とても天気のいい日。

 

第3日目にして(この趣味、なかったことにしようか…)と面倒くさくなる。なにせ寺院の多くは午前中から16時くらいまでの運営で、夜型の私には億劫。しかし一方で、途中でやめたらバチが当たるとの恐怖心もあり、結局、出かけることにした。

 

※本日は札所3、4、5を地図4、5、6の順にめぐりました。

 

4番目…『大観音寺』(第三札所)

東京メトロ日比谷線、都営地下鉄浅草線の人形町駅に降り立ったのは13時ごろ。地上に出ると近代的なビル群。この三十三観音巡りをするようになって気付くのは、都会の中に意外と寺があるということ。お寺のイメージといえば、のどかで厳かで森林のしじまにあるように思っていた。が、この大観音寺も件の通り、ビルとビルの間の路地をちょっと入ったところにあった。

 

 

階段を上ると、こじんまりとした境内があらわれる。参拝を済ませ、御朱印を書いてもらい境内を出た。

 

昼食を食べていないことに気付き、階段を降りた脇の小道を抜けてみる。そこは都会のガチャガチャした雰囲気とは違い、落ち着いた空気が流れる路地。老舗っぽい蕎麦屋、古風な路地に溶け込んだ喫茶店、ランチも頂ける上品な居酒屋…など、一本筋を入っただけで景色が変わる。そんな寺の周囲然とした街を楽しみながらお店を物色、そして一軒のお店に入る。

 

ケンタッキーフライドチキンである。CanCam(キャンキャン) 2017-02-23 発売号
Fujisan.co.jpより

 

(だいたい街に根付いた店なんて敷居高いし、常連が呪詛の言葉のような注文をしたりして一見さんは置いてけぼり。味の保証だってない。だったら世界が認めるケンタ、馴染みのケンタが大正義。大観音寺の向かいにあるし…ふん。)

 

5番目…『回向院』(第四札所)

さて、小腹を満たしたころで人形町駅から浅草線に乗り、浅草橋駅で中央総武線に乗り換えJR両国駅へ。この街はご存知、相撲の聖地。

 
1 2 3次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会