ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

1万円程度で3Dプリンターが買える!?オートレベリング機能&WiFi対応で性能面もバッチリ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
BuildOne3Dプリントはこれまでの常識を変えるスゴイ技術だ。とはいえ、扱い方が難しかったり、値段が高くて手が届かなかったりして、3Dプリンターはまだまだ一般家庭に普及しているとはいえないかもしれない。

・99ドルのリーズナブルな価格!

「高くて難しい」そんな常識を取り払ってくれるのが、「BuildOne」という3Dプリンター。WiFi&モバイルに対応していて、しかも99ドルというリーズナブルな価格を実現した。

本体の重さは約2キログラム。プリント範囲は、高さ125×縦125×横125ミリメートル。最小レイヤー解像度50ミクロン、水平解像度20ミクロン。

BuildOne2フィラメントサイズは1.75ミリメートル。フィラメントタイプはPLAで、オプションのヒートベッドを用いることで、ABS樹脂、ナイロンなどの素材も利用可能。

・“オートベッドレベリング”機能搭載

ありがたいことに「BuildOne」では、“オートベッドレベリング”機能が搭載されており、レベリングセンサーが自動的にプリントベッドの水平調整をおこなってくれるため、仕上がりに合わせてプリンターに付きっ切りになる必要はない。

プリンターの動作状況はLEDライトステータスで確認でき、強制的に停止させたい場合には“パニックボタン”を押すことで、いつでも強制停止することができる。

WiFi接続機能があるので、ユーザーは好きな場所からスマートフォンやwebブラウザ経由でプリントを開始可能だ。本体構造もシンプルなため、接続や取り外しの際も困らない。

・豊富なオプションを用意

BuildOne3シンプル構造の「BuildOne」だが、実は豊富なアドオンオプションが用意されている。

PEIベッド、有機ELスクリーン、ダイレクトにプリンターをコントロール可能なジョイスティック、ABS用ヒートベッド、収納や持ち運びに便利な専用キャリーケースなどなど。ユーザーの用途に応じて機能拡張できるのも魅力だ。

一番シンプルな本体のみのプランは99ドル(約1万1000円)~。現在、クラウドファンティングサイトKickstarterで出資を受付中。

BuildOne

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。