体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大賞は「橋下徹研究」と「オリンパス事件の追及」 雑誌ジャーナリズム賞

生活・趣味
雑誌ジャーナリズム賞・大賞を受賞した「『最も危険な政治家』橋下徹研究 孤独なポピュリストの原点」

 毎年編集者有志によって選ばれる「雑誌ジャーナリズム賞」の第18回・受賞作が2012年3月23日に発表された。110人の編集者による投票で選ぶ大賞には、『新潮45 11月号』に掲載された「『最も危険な政治家』橋下徹研究 孤独なポピュリストの原点」(筆者・上原善広氏)と、『FACTA』に掲載された一連のオリンパス追及記事(筆者・山口義正氏)が選ばれた。

 雑誌ジャーナリズム賞は「編集者が選び、編集者が贈る賞」で、雑誌を主な舞台としている書き手を顕彰し、雑誌界全体の発展に寄与したいとして生まれた賞。今回で18回目を迎える。大賞を受賞した上原氏の記事は、橋下徹・大阪市長氏の過去に焦点をあて、「死亡した実父は暴力団組員だった」ことなどを報じた。一方の山口氏の記事は、連載でオリンパス事件を追及、巨額の損失隠しに絡む不正を暴き出した。

 また、今回は2011年に東日本大震災、それに伴う原発事故が起きたことを鑑み、「震災・原発報道特別賞」も創設され、『新潮45』に掲載された「ルポ 遺体安置所の人びと」(筆者・石井光太氏)が受賞した。授賞式は3月30日18時半から東京都新宿区の日本出版クラブ会館で行われ、この様子はニコニコ生放送で中継される。

第18回「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の授賞式を実況生中継!
 
 以下、受賞作品一覧。

【大賞】「最も危険な政治家」橋下徹研究 孤独なポピュリストの原点(『新潮45』11月号)筆者・上原善広氏
http://p.news.nimg.jp/pdf/b/nw220278_shincho45_p1.pdf
http://p.news.nimg.jp/pdf/b/nw220278_shincho45_p2.pdf
http://p.news.nimg.jp/pdf/b/nw220278_shincho45_p3.pdf

【大賞】一連のオリンパス追及記事(『FACTA』8月号~)筆者・山口義正氏
http://p.news.nimg.jp/pdf/g/nw220278_facta_08.pdf
http://p.news.nimg.jp/pdf/g/nw220278_facta_10.pdf
http://p.news.nimg.jp/pdf/g/nw220278_facta_11.pdf
http://p.news.nimg.jp/pdf/g/nw220278_facta_12.pdf

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会