体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気持ちいい操体法で目指せネコのしなやかさ! 原始的な体の動きで免疫アップ

120322cat.jpg

冬の間、運動不足と寒さで体がカチコチになっていませんか?
花粉症は、肩甲骨が固まっていて冬モードから春モードに切り替わりにくいタイプの人がなりやすいそうです。
つまり、カチコチの体が緩んで本来の人間のあり方に近づくと、免疫力が高まりいつの間にか花粉症などの不快な症状が軽くなることもあるそう。
そして、その緩め方に実はコツがあります。
それは、「キモチイイかどうかを感じながらゆっくり体を動かす」「普段あまり使わない肩甲骨を意識して動かしてみる」です。
ネコなどのしなやかな動きをする動物が、自然に使っている部位が肩甲骨なのですね。
 
肩甲骨は、簡単な体操で緩められるのでさっそくやってみましょう!

■1人で座ってやってみる
頭の後ろで手を組み(辛いときは手は自然に)ゆっくりと体を左右にねじってみます。
少しでも辛い時はすぐに止めます。どちらか気持ちの良い感じはありますか?
良い感じの方向が分かったらゆっくりとねじってゆき、気持ちが良い所で動きを止めて十分に味わってください。
     
満足したら全身の力を気持ち良く抜いて、その余韻もしっかり味わってください。
右、左と試してみて気持ちの良さがなくなったらもうこの操法は終わりにします」

一見ただのストレッチと変わりなさそうなのですが、やってみると温泉に入った後のようにじんわり温まり緩んでくる感覚が分かります。
オフィスでもお家でも手軽にできるので、ぜひ試してみてくださいね。
photo by Thinkstock/Getty Images
春の変化と花粉症Webテキスト操体
(高木恵子)


(マイスピ)記事関連リンク
「顔チラリズム」効果で美人度UP!? 「伊達マスク」着用は女子に良いことずくめ!
札幌のマクロビオティックレストラン[ヘルスピ・ロックンロール]
その落ち込みは脳内物質が原因かも? 心を癒す「セロトニン」生成ごはんを食べよう

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会