ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Nulbarich、今後は日本語の歌詞が増える?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Nulbarich、今後は日本語の歌詞が増える?
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。5月29日(月)は月曜担当のemmaが登場しました。

この週は「ソナミュー! スタジオライブウィーク」と題して、毎日ゲストミュージシャンが登場! スタジオライヴを披露してくれます! 初日となる月曜日はNulbarichが登場しました。

シンガー・ソングライターのJQをリーダーに結成された、メンバーを固定しないバンド、Nulbarich。ライトタッチなソウルと上質なサウンドが、アツい注目を集めています。しかしメディアに顔を出していないということもあり、“謎のバンド”としても話題になっています。

今回の編成は、キーボード、ベース、ギター、ドラムのいつもライブで行う編成で、スタジオライブアレンジで聴かせてくれました。

ライブを終えたJQさんは「緊張しましたね」と一言(笑)。ライブとは違い、聴いている人の表情が見えないからだったそうです。「なかなか経験できないんで貴重な体験でした」とJQさん。そしてトークパートではNulbarichについて詳しくお話をお聞きしました。

まずはNulbarichという名前の由来について。「“Null”という単語と“but”と“rich”を掛け合わせた造語なんです」とJQさん。「“Null”はゼロよりもゼロ、でも(but)、満たされている(rich)」という意味だそうです。

Nulbarichのサウンドにはブラックミュージックやソウルの影響を感じさせられますが、ルーツはどんなところにあるのか、という藤田からの質問に、「メンバーみんなルーツがバラバラなんですけど、唯一の共通点がみんなブラックミュージックが好きですね」(JQさん)。

そして歌詞も特徴的ですが、日本語と英語が混ぜ合わされていて、自然と英語と日本語が行き来する不思議な歌詞になっています。これについては、「もう少し日本語を増やしていきたいなと思ってるんですけど、最初に暫定的な英語で曲を作るんで、そのあとに日本語をはめていって…」と、思いがけない歌詞の作り方も明かしてくれました。

今後は日本語の割合が増えて、聴いて意味が残る曲作りにしていきたいというJQさん。今後がまずます楽しみですね!

さて、今週の特別企画「ソナミュー!スタジオライブウィーク」は、火曜はラッパーのSALU、水曜はtricot、木曜にはYogee New Wavesがスタジオライブを披露してくれます。ぜひお聴き逃しなく!

■今回のオンエア曲
DATS「Queen」
LILI LIMIT「LAST SUPPER」
T.A.R.J.TRANSMISSION「かたりべ」
Saucy Dog「いつか」
DYGL「I’ve Got to Say It’s True」
Nulbarich「Everybody Knows」/「Spread Butter On My Bread」/「NEW ERA」(以上 スタジオライブ)
Nulbarich「It’s Who We Are」
City Your City「neon」
SALU「WALK THIS WAY」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。