体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

The MANJI、久々のワンマンでニューアルバムの新曲を惜しみなく連続投下

ジャパニーズロック界の強者であり、曲者でもある3人、ROLLY(Gu&Vo)、佐藤研二(Ba&Vo)、高橋ロジャー和久(Dr&Vo)によるロック・トリオ“The MANJI”が5月26日、Shibuya duo MUSIC EXCHANGEにて久々となるワンマンライヴ『~MANJIのロックファイヤー~』を行なった。
5月26日@Shibuya duo MUSIC EXCHANGE (okmusic UP's)
そのオープニングを飾ったのは1stアルバム『卍』の1曲目でもある「ロックンロール中学生」。古き良き時代のロックのオマージュを下地に、やりたい放題にロックする、しかもかなり屈折させて…という、ある意味このバンドの真髄と言えるサウンドが初っ端から炸裂! もちろん佐藤は白い手袋を左手に着用してベースをブリブリに鳴らしているし、ロジャーはドライでクールなビートを叩き出し、ROLLYはいわゆる“顔で弾く”情感たっぷりのギターを鳴らしている。「卍 Part2」「サボテン」といったディープなナンバーでは、ヴォーカルに負けないくらい、それぞれの楽器が歌っているし、サウンドの起伏だったり、展開の移り変わりも半端ない。序盤にして、もはやステージは彼らの独壇場となっていた。

中盤に差し掛かると、7月5日にリリースを控えている8年ぶりのアルバム『TRIPLED』から“すごくThe MANJIらしい、怪奇でおかしなナンバーを2曲続けて聴いていただきます”(ROLLY)と、「MANJI パワー MANJI ドリンコ」「来るのでっす」を披露。曲名のタイトルコールだけで笑いが起こるが、いざ演奏が始まれば、強靭なバンドグルーブが客席を飲み込み、蠢くような各パートのフレーズがオーディエンスを深く酔わせる。演奏後、ROLLYが「こんな変な曲をやっているバンドは他にいない」と言っていたが、「全然変じゃないよ。みんな2小節目から歌ってたもん」と佐藤。どちらの言葉にも納得だ。怪奇でおかしなナンバーだが、難解であってもポップでキャッチー、そこが“The MANJIらしい”ところなのである。

そして、ライヴは今宵のスペシャルへ! Quincy Jonesのカバー「Ironside」でプレミアムスーパーゲストとして、すかんちのキーボディストのドクター田中をステージに招き入れる…が、彼が手にしているのは、なんとエレキギター。三つ巴のバンドグルーブにギターで切り込んでいく。これには後ほどROLLYも「てっきりキーボードを持って現れると思っていたのですが、ギターを持ってリハーサルに現れまして、我々をびっくりさせました」と語っていた。その後のMCでもマイペースぶりを発揮するドクター。ロジャーも今回のリハーサルで初めて会ったという彼に対して、「軽くカルチャーショックを受けてます」と話すほど、強烈なインパクトを放つ。それでこそドクター田中、健在である。そんなドクターとニューアルバム『TRIPLED』からメロディックな「恋の奇跡」を披露すると、ROLLYとギターバトルを繰り広げた「歯ぎしりが止まらない」、さらにドクターがボーカルを務めるすかんちのナンバー「恋人はアンドロイド」で中盤戦を大いに盛り上げた。

終盤戦のスタートはニューアルバム『TRIPLED』よりロジャーがボーカルを務める「フィフティーショルダー」から。リフもののロックサウンドに乗せて、<五十肩が痛い>と叫ぶように歌う痛快なナンバーに観客も笑顔でノリノリに。続けて、同アルバムから佐藤ヴォーカルのファンクチューン「Let’s get FUNKY」でコール&レスポンスを繰り広げ、さらに同アルバムのリード曲「地獄の極楽」のツェッペリンばりのヘヴィでタイトなグルーブがフロアーの床を揺らすと、ブレイクに合わせての“MANJI”コールからのR&Rナンバー「I Love Me」で本編を締め括った。

アンコールに応えての1曲目は「ハンティーフラッシャー」。ロック愛に満ちたサウンドであり、3人の熱量の高いプレイが観客を焚き付け、再び会場に熱気を充満させる。オーラスはドクターも呼び込み、ニューアルバムのタイトルチューンでありながらも、未収録曲という「TRIPLED」(予約特典CDに収録!)で大団円。ROLLY曰く“New Wave Of British Heavy Metalまる出しのモーターヘッド風”というHR/HM的な高速ナンバーに、言うまでもなく客席では拳が突き上がり、歓声も沸き、The MANJIの久々のワンマン公演は大盛況のうちに幕を下ろした。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会