体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。

オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。

30万人の読者に支持されるアメリカの旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』。

業界内でのその権威は絶大で、毎年発表される世界のホテルランキングでひとたび上位に入ると、世界中のセレブなゲストたちが集まることで有名です。そんな同誌が選ぶ「北ヨーロッパエリアでNo.1のホテル」に昨年輝いたのが、ノルウェーの首都・オスロにある5つ星のデザインブティックホテル「THE THIEF」。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。 アートがテーマのホテルだけあって、館内にはユニークなデザインの家具や不思議なインスタレーションがたくさん。一歩足を踏み入れれば、並のホテルでは味わえない「奇抜ワールド」がゲストのド肝を抜いてくれます。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。

ホテル内には「THIEF BOODBAR」「FRU K」「THIEF BAR」という3つの好感度なレストランとバーがあり、ひと筋縄ではいかない、パンチの効いたメニューたちが視覚と味覚を楽しませてくれるのです。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。

ヒップな再開発地区
「チューブホルメン」を歩く

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。