ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。

30万人の読者に支持されるアメリカの旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』。

業界内でのその権威は絶大で、毎年発表される世界のホテルランキングでひとたび上位に入ると、世界中のセレブなゲストたちが集まることで有名です。そんな同誌が選ぶ「北ヨーロッパエリアでNo.1のホテル」に昨年輝いたのが、ノルウェーの首都・オスロにある5つ星のデザインブティックホテル「THE THIEF」。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。 アートがテーマのホテルだけあって、館内にはユニークなデザインの家具や不思議なインスタレーションがたくさん。一歩足を踏み入れれば、並のホテルでは味わえない「奇抜ワールド」がゲストのド肝を抜いてくれます。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。

ホテル内には「THIEF BOODBAR」「FRU K」「THIEF BAR」という3つの好感度なレストランとバーがあり、ひと筋縄ではいかない、パンチの効いたメニューたちが視覚と味覚を楽しませてくれるのです。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。

ヒップな再開発地区
「チューブホルメン」を歩く

さてさて、この「THE THIEF」が建つのは、新感覚のアートギャラリーやモダンな建築物やアートが立ち並ぶオスロフィヨルド沿いのウォーターフロント再開発地区・チューブホルメン。ハイセンスなレストランが軒をつらねる、今ノルウェーで1、2位を争うほどビップなエリアです。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。

建築家レンゾ・ピアノ設計による「アストラップ・ファーンリー美術館」。ノルウェーをはじめ、村上隆など世界中のアーティストの作品が揃う現代美術館もチューブホルメンに。

街のいたるところにユニークな彫刻が点在しているので、歩いているだけで面白い。青空の下、フィヨルドに吹く潮風を感じながら、ぶらぶらと散歩するにはうってつけの場所です。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。 一見、OPPAIかと見間違うこの作品の名前は「EYES」(1997年/Louise Bourgeois作)オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。 白雪姫と七人の小人たちをモチーフにした彫刻「WHITE SNOW CAKE」(2011年/Paul McCarty作)オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。

チューブホルメンを歩いていたらメカニックなトナカイ(⁉)と遭遇。

オスロ発「フグレン」の姉妹店カフェ
ヴィンゲン・バー

チューブホルメンに来たら足を運びたいのが、日本でもおなじみノルウェー発のコーヒーショップ「フグレン」が2016年にオープンしたばかりの姉妹店カフェ「ヴィンゲン・バー」オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。

壁一面のガラス窓から入る太陽光が店の中を包む。窓の外に広がる不思議なアートとグリーンの公園、そして青い海を見ながら、光の中で飲むコーヒーは格別。

場所は、先ほど紹介した「アストラップ・ファーンリー美術館」の1Fですが、美術館への入場券を持っていなくてもくつろぐことができます。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。 「カプチーノ」(41クローネ=約540円)。ほかにも「フィルターコーヒー」(30クローネ)や「ラテ」(44クローネ)、「モカ」(49クローネ)など。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。 パンやサンドウィッチなどの軽食ランチも充実。爽やかなレモンの甘さを感じる「レモンマフィン」。オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。 お酒だって飲めます!オスロの再開発エリアで、アートさんぽ。

「ヴィンゲン・バー」の「ヴィンゲン」とはノルウェー語で「羽」という意味。アートさんぽで疲れた“羽”を休めようと立ち寄ったら、光に満ちた素敵な空間に、思いもよらずもうひと羽ばたきしたくなってしまうはずです。Photo by 千倉志野(Chikura Shino)(THE THIEFの一部写真を除く)

関連記事リンク(外部サイト)

オスロに行くなら、「グリューネルロッカ」のフードマーケットへ
ノルウェーからクルマが消える?エコcity「オスロ」の自転車カフェへ
ノルウェーでマイクロ工房発の「クラフトビール」に出会う旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。