ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『東京国際アニメフェア2012』開催 「韓国コンテンツ振興院」のブースが気合い入っていた!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
韓国コンテンツ振興院のブース

本日より東京ビッグサイトにて開催されている『東京国際アニメフェア 2012(以下、TAF2012)』だが、ガジェット通信記者は初日のビジネスデーに行ってきたのでその模様をお届けしたい。先日ガジェット通信でお届けした「韓国コンテンツ振興院(KOCCA)」だが、実際にアニメフェアにて確認したところ、東京ゲームショウ2012の時とは異なりかなり気合いの入ったブースとなっていた。

様々な韓国アニメコンテンツが展示されており、中でもイチオシなのが『BURU & Forest Friends』だ。登場キャラクターは昆虫で、作品そものもは『Adobe Flash』で製作されている。対象年齢は3歳から7歳未満とされているが、出てくる言葉が難しいことから実際に観ている層は12歳までの子どもだとか。

今回この作品の監督を務めたリュウ・ギョンア(Rou Kyoung-A)さんに話を聞くことができた。

記者 この作品は韓国では人気らしいですが、そのほかの国では展開しないのですか?
リュウ ヨーロッパに進出したいのですけど、まだ準備中で具体的なことは決まっていないです。
記者 日本のアニメについてどう思いますか?
リュウ 日本のアニメコンテンツはかなり優秀なので、この作品のように差別化をはからないと太刀打ちできない。私は韓国向けにローカライズされた『カードキャプターさくら』、『クレヨンしんちゃん』などを手がけノウハウを学びました。
記者 今後の展開は? メディアミックスとか。
リュウ この作品は韓国で昨年末にファーストシーズンが終わったのですが、セカンドシーズンも予定しております。また子ども向けの動く絵本を発売したいと思っています。日本の方は良い物だと高くても買ってくれるので、3000円くらいだといけますか?

このように『BURU & Forest Friends』についてじっくり話を聞かせてもらった。『BURU & Forest Friends』はいつの日か日本に上陸するかもしれない。

『BURU & Forest Friends』はゴキブリが悪者と日本でもなじみやすい内容になっているとか。

東京国際アニメフェア参加中止は10社どころじゃなかった 91社も参加取りやめ!

韓国コンテンツ振興院のブース

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。