体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏場の「室温28度設定」に潜む熱中症 やはり体感温度は暑い?

夏場の「室温28度設定」に潜む熱中症 やはり体感温度は暑い?
もしあなたが、真夏に冷房のついた室内で具合が悪くなった場合、熱中症の可能性を疑いますか?

クールビズにより室温設定は28度を推奨されていますが、条件によっては28度でも室内で熱中症にかかってしまうことがあるようです。

今回は冷房をつけているにも関わらず、室内で熱中症になってしまう原因や予防対策について、医師に詳しく解説していただきました。

あなたは、夏場の室温28度設定をどう感じますか?

夏場の「室温28度設定」に潜む熱中症 やはり体感温度は暑い?
クールビズ対策の1つ、室温28度設定をどう思うかについて、Yahoo!ニュースで意識調査が行われました。

実施期間

2017年5月11日~2017年5月21日

投票数

199,042票

結果

・暑い:83.4%

・ちょうど良い:15.5%

・寒い:1.1%

全体の8割以上の人が「暑い」と感じており、28度設定に関して疑問視するような様々な意見が出ておりました。

(出典:Yahoo!ニュース 意識調査調べ)

冷房の設定温度が28度の理由

夏場の「室温28度設定」に潜む熱中症 やはり体感温度は暑い?

環境省が推奨していること

環境省はエネルギー消費量の削減を目指し、冷房の設定温度を下げ過ぎず、室温28度で快適に過ごせるように服装などを工夫するクールビズを推奨しています。

法律で定められている内容

28度という温度設定は、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行令」及び「労働安全衛生法の事務所衛生基準規則」において定められた範囲(17~28度以下)によるものです。

この「建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行令」には、人が集まる店舗や図書館、事務所、学校、宿泊施設などにおける室温について、一年を通して17~28度以下とすると同時に、「室温を外気温より低くする場合は、その差を大きくしないこと」としています。

気温差が大きいと懸念される点

室内と室外の気温差が大きいと、経験的に体力を消耗しやすいと考えられます。

また自律神経やホルモンバランスの乱れや夏バテにもつながる可能性があります。

(参照:環境庁Webサイト)

冷房の設定温度が28度でも熱中症になるのはなぜ?

夏場の「室温28度設定」に潜む熱中症 やはり体感温度は暑い?

どの部屋も同じ条件ではない

冷房の設定温度は、部屋のどこででもその温度になることを保証するものではありません。冷房をかけていても日光が窓から入っていると気温は上昇します。

湿度の高さ

また、湿度が高かったり、空気の入れ替えが行われていないと、気温が適切な室内でも熱中症になることはあります。

水分補給の怠り

室内だから大丈夫と水分補給がおろそかになりがちなのも原因と考えられます。

室内での熱中症の症状

夏場の「室温28度設定」に潜む熱中症 やはり体感温度は暑い?
■ 吐き気
■ だるさ
■ 頭痛
■ めまい
■ ほてり
■ 筋肉のけいれん
■ こむら返り
■ 汗が出すぎるまたは全く出ない
■ 体温が高い
■ 意識がもうろうとする
■ いつも通りに動けない

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。