ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

とろける生ハンバーグ!?独創的な肉割烹が渋谷に誕生

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


「低温調理牛レバ刺し」や「とろける生ハンバーグ」など独創性溢れる“肉割烹”を堪能できる専門店「認定生肉取扱店 肉割烹 もつ吉」が6月1日(木)、渋谷区宇田川町にオープンする。

同店は、メディア掲載実績多数、予約の取りづらいもつ鍋店として知られる「もつ吉」の7店舗目となる姉妹店舗。

店をオープンするにあたっては、渋谷区保健所より「認定生食用食肉取扱者等設置施設」許可を取得し、厳正な施設基準審査をクリアして、生肉料理の提供を可能にしたという。

これにより、和牛の生肉を使った「刺身」や「握り」はもちろん、生食用の肉だからこそ表現することのできる“肉料理の新しい形”を京都の希少食材と共に味わえる店となった。


「低温調理 和牛レバ刺し」680円は、芝浦食肉市場より直送される新鮮な和牛レバーを、3日間かけて仕込む1皿。フレンチ仕込みの低温調理法を駆使して、まるで生レバーのような “ねっとりとした食感” を楽しむことができる。

「名物 とろける生ハンバーグ」1200円は、これまでにない新感覚ハンバーグ。表面はカリッとしているのに、中はまるでネギトロみたいにふわふわとろとろの食感。

生食用の和牛肉を使い、ミンチの挽き方に工夫を加えることで熱伝導を調整。舌の上の温度で丁度良くとろけるように設計してあるのだそう。ほのかなトリュフの香りが食欲をそそる一品。


そのほか、A5ランク和牛雌の赤身肉を低温調理で仕上げた「和食屋のローストビーフ 和牛漬け肉」1280円や、


ドライエイジングをかけたA5ランク和牛雌の赤身肉を白味噌に漬け込み、オーブンで焼き上げた「72時間熟成 和牛西京ステーキ」1980円など、肉好きをうならせるこだわりのメニューが揃う。


食後には、「京のかき氷」800円~や「京のジェラート」300円~、和三盆のブリュレ600円など、京都を感じるデザートを。


また予約の取りづらい「もつ吉荻窪本店」の看板メニュー「京風もつ鍋」も、同店にてオーダー可能となっている。オーダーメイドの特上西京味噌を使用したまろやかでコク深いスープ、そして、ケタ違いに脂付きの良い牛モツ「大トロホルモン」とのとろけるような味わいをぜひ楽しんでみて。


京都の古民家をモチーフにした店内は、明治期に作られたアンティーク家具や調度品が並び、まるでタイムスリップをしたかのような雰囲気。デートやハレの日にもぴったりなので、ぜひ一度を足を運んでみてはいかが?

■『認定生肉取扱店 肉割烹 もつ吉』
住所:東京都渋谷区宇田川町31-1 HULIC &New SHIBUYA 8F

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。