体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人グルメ雑誌の編集部がおススメ!旨いのにヘルシーな発酵食の店

発酵食ブームが止まりません。最近では、発酵食に特化したレトランやカフェがインスタなどによく上げられることから、さらなる人気に! 旅系・ヘルス系・グルメ系の雑誌でも最新の発酵系レストレンや居酒屋、barが紹介されています。

 

発酵食といえば、チーズや味噌、漬物に干物。酒の肴にピッタリなモノばかり!男子でも、お手軽に発酵食が食べられるお店をご紹介します。

 

『発酵居酒屋5』

長年日本で培われてきた発酵に加え、医食同源の思想も取り入れた「発酵居酒屋5」。この店の人気メニューの中にあるポテトサラダは、自家製の発酵調味料・酒粕ペーストとサワークリームで味付け、マヨネーズは使っていないとか。他では食べられない味が好評だそうです。他にも「発酵からあげ」「甘酒のブランマンジェ」と、発酵食品を使ったメニューが並びます。

 ※出典 http://www.cafecompany.co.jp/brands/hakko5/

 

『ナポレオンフィッシュ』

発酵中華という珍しいジャンルの中華料理店。豆板醤という発酵調味料をはじめとし、乳酸発酵させた中国漬物、発酵大豆、発酵唐辛子等を取り入れ、美味しくなおかつ健康になる「発酵と中華」を提案しているお店です。

 dancyu(ダンチュウ) 2013-04-06 発売号 P27
Fujisan.co.jpより

『豊年萬福』

発酵学者の小泉武夫さんが監修した、全国各地の発酵食が食べられます。例えば、「酒粕床漬けの食べ比べ」や、ヨーグルトと味噌をあえた床で味付けした「鮭のヨーグルト味噌漬け炙り焼き」など、なかなか手の込んだものが食べれるとあって人気だとか。

 日経ヘルス 2016-02-04 発売号 P55
Fujisan.co.jpより

『ソフィア』

本格ブルガリア料理店で、発酵食であるヨーグルトを使った本場の料理が食べれると、発酵食品を食べたいけど、ぬか床や麹などが苦手な方達に話題のお店。ヨーグルトを使ったスープ、水きりヨーグルトのサラダ、ヨーグルトカクテルなどなどが揃っています。ヨーグルトが苦手な方でも、ちょっと違ったヨーグルトの概念が楽しめるかもしれませんね。

 ※出典 https://www.facebook.com/Bulgariandiningsofia/

 

『たまな食堂』

塩麹バーニャカウダソース、たまな納豆(有機在来種の豆6種類を醤油と醤油麹で味付け)、ぬか漬け、ベジブロスのお味噌汁に、酵素玄米、三年熟成番茶など、発酵食品が充実しているお店です。

 自遊人 2015-06-30 発売号 P56
Fujisan.co.jpより

『渋谷発酵所 鍛冶二丁』

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。