体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【マレーシア】 KLから日帰りで!知る人ぞ知る「セキンチャン」の見どころ

首都クアラルンプールから約100km、車で約1時間半ほどの場所にあるセキンチャン(Sekinchan)。マラッカ海峡に面した当地はマレーシア有数の米どころであり、シーフード料理も有名なビーチタウンです。

今回はマレーシアリピーターにおすすめのセキンチャンを訪れてみましょう。

【マレーシア】お米もシーフードも美味! KLから日帰りで行ける「セキンチャン」へ

稲穂がそよぐ、穏やかな田園風景

中国語で「農業に適した土地」という意味のセキンチャン。その名のごとく、農業と漁業が盛んな漁村です。

【マレーシア】お米もシーフードも美味! KLから日帰りで行ける「セキンチャン」へ
(C)sweetsholic

筆者がクアラルンプール在住の友人たちと訪れたのは6月。収穫は終わっていたものの、どこまでも広がる田んぼの美しさに、感激! のどかな田園風景に癒されます。ところで、お米はマレーシア人の主食というのをご存知でしょうか? 

【マレーシア】お米もシーフードも美味! KLから日帰りで行ける「セキンチャン」へ
ベストシーズンはこんな感じ

収穫前の稲が一面に広がる観光のベストシーズンは、3〜5月頃と9〜11月頃だそうです。

【マレーシア】お米もシーフードも美味! KLから日帰りで行ける「セキンチャン」へ
穏やかな田園地帯のなかで、とても印象的な「Nan Tian Temple (南天宫)」。地元の人たちの五穀豊穣や大漁追福の願いが込められています。カラフルでとっても華やかな外観に、なんとなくご利益がありそうな予感! 南天宫のほか、当地には数多くのお寺が点在します。

お米の博物館へ!

せっかく米どころへ来たのだから、当地の米文化にも触れてみよう! ということで、続いてはお米の博物館「稲米展覧館/Paddy Gallery」へ。

【マレーシア】お米もシーフードも美味! KLから日帰りで行ける「セキンチャン」へ
(C)sweetsholic

三菱のトラクタがお出迎え。

【マレーシア】お米もシーフードも美味! KLから日帰りで行ける「セキンチャン」へ
(C)sweetsholic

展示物を通して、マレーシアで食べられているお米の種類や味の違い、当地で稲作が発展してきた歴史的背景などを知ることができます。

【マレーシア】お米もシーフードも美味! KLから日帰りで行ける「セキンチャン」へ
(C)sweetsholic

ミュージアムショップには、セキンチャンで収穫されるさまざまなお米がずらり。小袋に入ったお米や、サラダ油で揚げるタイプの魚のクラッカーはお土産にもぴったりです。

【マレーシア】お米もシーフードも美味! KLから日帰りで行ける「セキンチャン」へ
(C)sweetsholic

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会