体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

氷に直ドリ、だから美味しい! 『サーモス アイスコーヒーメーカー ECI-660』は絶品冷珈琲のための専用機

夏が近づけば格段に美味しくなるアイスコーヒー。ところがことコーヒーメーカーとなると、アイスで楽しむことを意識した製品自体が少ない。その点この『サーモス アイスコーヒーメーカー ECI-660』はアイスコーヒー・ファンのためにばっさりホットを切り捨てたストイックなアイス専用機。これはもう試すしかない!

氷を入れたサーバーに直接ドリップ、二重構造で保冷するサーバーとともにアイスコーヒーの美味しさを極限まで追求した!

以前から記者は魔法びんメーカーこそが、コーヒーメーカーの可能性をぐんと高めると主張してきた。ホットに関しても、密閉した保温・保冷サーバーに直接ドリップすることによって、空気に触れる工程を最低限にすると味わいが格段に違う。

 
あわせて読みたい:『タイガー コーヒーメーカーACE-S080』魔法瓶メーカーならではの真空保温と夏にうれしいアイス機能搭載!

 

中でもアイスコーヒーに関しては、氷が溶けることをいかに最小限に食い止めるかで、仕上がりは格段の差となる。どんなに美味しく抽出しても、氷が溶けすぎて薄まってしまえば元も子もない。そのためには夏の外気をシャットアウトする保冷構造がサーバーに備わっているのは、いわば必然。氷の上に直接ドリップすることによってコーヒーは一気に冷却されるので、必要最低限の薄まりで美味しいアイスコーヒーが出来上がる。


サーモスは世界的な魔法びんのパイオニアメーカー。だからそこがアイスコーヒー専用のコーヒーメーカー『サーモス アイスコーヒーメーカー ECI-660』(吸水タンク/0.31L・サーバー/0.66L・公式サイト価格 税込10,800円・発売中)を作り上げたというのだから、気になるにもほどがある。

実際商品特徴をさらっと見ても、保冷サーバーと氷に直接ドリップするという記者がアイスコーヒー作りに必須と思っている機能を備えている。さらにコーヒーメーカーといえば黒が主流。ところがこの『サーモス アイスコーヒーメーカー ECI-660』は、樹脂製の本体が一見写真ではチープに見えるかもしれないが、バニラホワイトとミントブルーのカラーリングは北欧風なデザイン性に溢れており、インテリア性も高い。では実際に試してみよう。

しっかり濃くて、水色の透き通った絶品のアイスコーヒーを淹れるための技術が結集!

本体自体はそこそこ大きめなのだが、ドリッパーは小さい。使用するフィルターは102サイズを使用する。ただ本来アイスコーヒーは濃いめにドリップするものなので、これでグラス5杯ぶん作れる。蓋を開けたその奥にまた蓋があり、給水タンクがあるのだが、これは取り外しがきかない。水量計は見やすいが、メンテナンス性は低い。コーヒー抽出時に跳ね返りを浴びるドリップ口も取り外しがきかない。蒸気は上部から噴出。


構造のポイントは、サーバー収納部の奥にドリップレバーが存在するということ。密閉されたサーバーを押し込むと、このレバーによってサーバーを開口するという仕組み。空気に触れることで起こる酸化による味の劣化をこれで防いでくれる。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy