ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

2017年4月開業!「渋谷キャスト」の賃貸住宅ってどんな部屋?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今春開業!「渋谷キャスト」の賃貸住宅ってどんな部屋?

2017年4月28日、東京・渋谷区に複合施設「渋谷キャスト」がオープンした。JR渋谷駅から明治通りを原宿方面へ向かい、宮下公園交差点を超えた右側のエリアで、キャットストリート(旧渋谷川遊歩道で個性的なショップが集まる通り)の入り口にあたる場所だ。地下2階~地上16階の建物で、シェアオフィスや賃貸住宅、カフェ、レストラン、アパレル店舗、広場などから構成されるのだが、今回はSUUMOジャーナルらしく、賃貸住宅「渋谷キャスト アパートメント」を中心に紹介しよう。

13階「コレクティブハウス」 クリエイターたちが交流を深められる空間

渋谷キャストの賃貸住宅は、建物の上階にあたる13階~16階まで。1R~3LDKタイプの物件があり、戸数は全部で80戸。今回報道機関向け内覧会があり、13階・14階・16階の部屋を見学することができたので、その一部を紹介していくのだが、13階の賃貸住宅(=コレクティブハウス)では現在一般募集をしていない点あらかじめご了承いただきたい。

まずは13階の「クリエイター向け賃貸住宅」から紹介しよう。全部で19部屋あり、エレベーターを降り奥に進むと、目に飛び込んでくるのは広々とした“共有スペース”だ。【画像1】広い共有スペースのなかに、ちょっとした作業スペースがある。コンセントがついているのもうれしい(写真撮影/明日陽樹)

【画像1】広い共有スペースのなかに、ちょっとした作業スペースがある。コンセントがついているのもうれしい(写真撮影/明日陽樹)【画像2】プロジェクター完備で、真っ白な壁をスクリーン代わりにもできる(写真撮影/明日陽樹)

【画像2】プロジェクター完備で、真っ白な壁をスクリーン代わりにもできる(写真撮影/明日陽樹)

この共有スペースは、オープンテラスやキッチン、ダイニングスペースなどもあり、気軽に住人同士の交流を深められそう。シェアハウスではこういった共有スペースがあるのはめずらしくはないが、一般的な賃貸住宅でここまで充実した共有スペースを設けている物件はそうないだろう。【画像3】共有のキッチンとダイニング。予約をすれば、貸し切りにすることも可能(写真撮影/明日陽樹)

【画像3】共有のキッチンとダイニング。予約をすれば、貸し切りにすることも可能(写真撮影/明日陽樹)

ちなみに、トレーニングルームもあるので、運動不足の解消や仕事で煮詰まったときの気分転換にもなりそうだ。【画像4】器具は多くないが、少し体を動かすくらいなら十分だろう(写真撮影/明日陽樹)

【画像4】器具は多くないが、少し体を動かすくらいなら十分だろう(写真撮影/明日陽樹)

続いて見学したのは、肝心の居住スペース。玄関前に、自身の作品などを飾るラックがあるのも、クリエイター向け住戸フロアならでは。【画像5】玄関前にあるラック。自身の携わった作品などを飾っておけば、誰かの目に留まるかもしれない(写真撮影/明日陽樹)

【画像5】玄関前にあるラック。自身の携わった作品などを飾っておけば、誰かの目に留まるかもしれない(写真撮影/明日陽樹)

今回見学した1319号室は、1K+Sのルーフバルコニー付きアトリエタイプ(C40Crタイプ)。玄関を抜けると、すぐ左手にアトリエとして使える部屋がひとつある。【画像6】5畳のアトリエスペース。広すぎず狭すぎず、ゆっくり作業するにはよさそう。ただし、アトリエは全室についているわけではなく、ほかに音楽向け仕様の防音住居などがある(写真撮影/明日陽樹)

【画像6】5畳のアトリエスペース。広すぎず狭すぎず、ゆっくり作業するにはよさそう。ただし、アトリエは全室についているわけではなく、ほかに音楽向け仕様の防音住居などがある(写真撮影/明日陽樹)

その奥には、広々としたリビング。【画像7】11.2畳のリビング部分。向かって左側は、収納になっている(写真撮影/明日陽樹)

【画像7】11.2畳のリビング部分。向かって左側は、収納になっている(写真撮影/明日陽樹)【画像8】幅約332cm×高さ約198cmの大きな窓と、24.74m2の広いバルコニーがあるのも注目ポイント!1319号室と同じC40Crタイプの部屋には、同様の窓がついている(写真撮影/明日陽樹)

【画像8】幅約332cm×高さ約198cmの大きな窓と、24.74m2の広いバルコニーがあるのも注目ポイント!1319号室と同じC40Crタイプの部屋には、同様の窓がついている(写真撮影/明日陽樹)【画像9】それほど広くはないがシンプルで機能的なキッチン(写真撮影/明日陽樹)

【画像9】それほど広くはないがシンプルで機能的なキッチン(写真撮影/明日陽樹)

「多種多様な才(知)を持った人々が集い」「世界から注目される新たな文化や才能を生み出す場」といったコンセプトを掲げる渋谷キャストらしい賃貸住宅といえよう。

ただし、この13階コレクティブハウスに住むには通常の賃貸借契約における審査の前に、入居者コミュニティ側の推薦が必要で、現在一般募集はしていない。また、完全に居住用とのことで、事務所としての利用はNG。フリーランスの人は、要注意だ。

14階は1カ月から契約できる家具がついた「サービスアパートメント」

続いて、14階について。この階は、「サービスアパートメント」と呼ばれ、“短中期滞在者”向けで全23部屋。13階や15・16階は、2年間の定期建物賃貸借契約となるが、14階は1カ月以上1年未満という条件で契約できる。

今回見学したのは、サービスアパートメントで最も狭いタイプの1Kの部屋。29.47m2で家賃30万円だ。【画像10】9.1畳の居住スペース。家具付きなので、手ぶらで入居もできるかも?(写真撮影/明日陽樹)

【画像10】9.1畳の居住スペース。家具付きなので、手ぶらで入居もできるかも?(写真撮影/明日陽樹)

広報に確認してみたところ、「国内外のビジネスパーソンや旅行者の滞在先としての利用を想定しております。おもに、法人様での契約・ご利用を想定しております」とのこと。

家具はもちろん、家電や食器類も付属しているが、コンシェルジュは24時間常駐ではないのでご注意を。ちなみに、先ほど紹介した13階の共有スペースは、サービスアパートメントの居住者でも利用可能だ。

15・16階はさまざまな家族構成に合わせた「プレミアムレジデンス」

最後に紹介するのは、15・16階にある「プレミアムレジデンス」。1K(15万5000円)・1R(17万9000円)~3LDK(59万8000円)まで間取りや部屋の大きさは幅広い。一人暮らしでも夫婦でも、子育て世帯でも、さまざまな家族構成に合わせた間取りを用意している。

今回見学したのは、2LDK(82.81m2)、家賃46万5000円の部屋。

玄関ドアを開けてすぐ右手には、シューズクローゼット。靴を収納するだけではもったいないと感じてしまうほど広い。【画像11】約149cm×約14cm(約2.1m2)の広々としたシューズクローゼット。4人家族だと想定しても、スペースが余るほどだろう(写真撮影/明日陽樹)

【画像11】約149cm×約142cm(約2.1m2)の広々としたシューズクローゼット。4人家族だと想定しても、スペースが余るほどだろう(写真撮影/明日陽樹)

部屋に入ると、大きくて見晴らしのいい開放的な窓が。バルコニーも広く、渋谷の街を見渡せる。【画像12】バルコニーからの景色(写真撮影/明日陽樹)

【画像12】バルコニーからの景色(写真撮影/明日陽樹)

印象として、「めちゃくちゃ広い!」というわけではないのだが、ダイニングテーブルやソファが置いてあっても、まったく窮屈な感じはしない。すぐ隣には、リビングダイニングとつなげることもできる、5.2畳のサブベッドルームがある。間取図では、ベッドルームとなっているが、仕事や勉強するのにちょうどよさそうだ。【画像13】15.5畳のリビングダイニング。隣のキッチンでおいしい料理をつくり、ここで食べる。幸せな光景が目に浮かぶ(写真撮影/明日陽樹)

【画像13】15.5畳のリビングダイニング。隣のキッチンでおいしい料理をつくり、ここで食べる。幸せな光景が目に浮かぶ(写真撮影/明日陽樹)【画像14】5.2畳のサブベッドルーム。あえて仕切りをなくすことで、より部屋が広く感じる(写真撮影/明日陽樹)

【画像14】5.2畳のサブベッドルーム。あえて仕切りをなくすことで、より部屋が広く感じる(写真撮影/明日陽樹)【画像15】写真左:8.5畳のメインベッドルーム。写真右:ベッドルームについているウォークインクローゼット(写真撮影/明日陽樹)

【画像15】写真左:8.5畳のメインベッドルーム。写真右:ベッドルームについているウォークインクローゼット(写真撮影/明日陽樹)

キッチンも4.3畳と広々していて、料理も楽しくなりそうだ。ただし、食べ過ぎてしまって幸せ太りしないようにご注意を。

シェアオフィスや飲食店など、居住フロア以外も充実!

さまざまなタイプの部屋を紹介してきたが、渋谷キャストは、併設する施設も充実している。例えば、1階のシェアオフィス。このスペースは、入会申し込みをして会員になれば、居住者でなくても利用できる。【画像16】実際にシェアオフィスで仕事をしている人もチラホラ(写真撮影/明日陽樹)

【画像16】実際にシェアオフィスで仕事をしている人もチラホラ(写真撮影/明日陽樹)

また、シェアオフィスに併設されたカフェは、一般の方でも利用可能だ。【画像17】周辺は比較的静かで、緑も多いので、これからの季節、テラスでランチなんかもよさそう(写真撮影/明日陽樹)

【画像17】周辺は比較的静かで、緑も多いので、これからの季節、テラスでランチなんかもよさそう(写真撮影/明日陽樹)

渋谷キャスト前には広場もあり、移動販売の飲食店も並んでいた。今後は、イベントスペースとしても活躍するだろう。

賃貸住宅は一般募集をしていないし、サービスアパートメントやプレミアムレジデンスは、一般の人にとっては高額なため、気軽に検討できる物件ではないのだが、渋谷再開発のプロジェクトのひとつとしての集合住宅とは? ということで今回物件の紹介をしてみた。この施設にはもちろん食事や買い物ができる店舗も入っているので一度足を運んでみてはいかがだろうか。

「都市再生ステップアップ・プロジェクト(渋谷地区)」における第一弾事業として計画された渋谷キャストの建設。今後も、2018年秋開業予定の「渋谷ストリーム」や同じく2018年秋開業予定の「渋谷代官山Rプロジェクト」などが控え、渋谷の変化からまだまだ目が離せない。●取材協力

渋谷キャスト
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2017/05/133963_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

賃貸の部屋探し、何日前から探すのがベスト?
みんなが選んだ「穴場だと思う街」の家賃相場は?
京都のむずかしくて読めない地名10選・全部読める?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。