体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年4月開業!「渋谷キャスト」の賃貸住宅ってどんな部屋?

今春開業!「渋谷キャスト」の賃貸住宅ってどんな部屋?

2017年4月28日、東京・渋谷区に複合施設「渋谷キャスト」がオープンした。JR渋谷駅から明治通りを原宿方面へ向かい、宮下公園交差点を超えた右側のエリアで、キャットストリート(旧渋谷川遊歩道で個性的なショップが集まる通り)の入り口にあたる場所だ。地下2階~地上16階の建物で、シェアオフィスや賃貸住宅、カフェ、レストラン、アパレル店舗、広場などから構成されるのだが、今回はSUUMOジャーナルらしく、賃貸住宅「渋谷キャスト アパートメント」を中心に紹介しよう。

13階「コレクティブハウス」 クリエイターたちが交流を深められる空間

渋谷キャストの賃貸住宅は、建物の上階にあたる13階~16階まで。1R~3LDKタイプの物件があり、戸数は全部で80戸。今回報道機関向け内覧会があり、13階・14階・16階の部屋を見学することができたので、その一部を紹介していくのだが、13階の賃貸住宅(=コレクティブハウス)では現在一般募集をしていない点あらかじめご了承いただきたい。

まずは13階の「クリエイター向け賃貸住宅」から紹介しよう。全部で19部屋あり、エレベーターを降り奥に進むと、目に飛び込んでくるのは広々とした“共有スペース”だ。【画像1】広い共有スペースのなかに、ちょっとした作業スペースがある。コンセントがついているのもうれしい(写真撮影/明日陽樹) 【画像1】広い共有スペースのなかに、ちょっとした作業スペースがある。コンセントがついているのもうれしい(写真撮影/明日陽樹)【画像2】プロジェクター完備で、真っ白な壁をスクリーン代わりにもできる(写真撮影/明日陽樹)

【画像2】プロジェクター完備で、真っ白な壁をスクリーン代わりにもできる(写真撮影/明日陽樹)

この共有スペースは、オープンテラスやキッチン、ダイニングスペースなどもあり、気軽に住人同士の交流を深められそう。シェアハウスではこういった共有スペースがあるのはめずらしくはないが、一般的な賃貸住宅でここまで充実した共有スペースを設けている物件はそうないだろう。【画像3】共有のキッチンとダイニング。予約をすれば、貸し切りにすることも可能(写真撮影/明日陽樹)

【画像3】共有のキッチンとダイニング。予約をすれば、貸し切りにすることも可能(写真撮影/明日陽樹)

ちなみに、トレーニングルームもあるので、運動不足の解消や仕事で煮詰まったときの気分転換にもなりそうだ。【画像4】器具は多くないが、少し体を動かすくらいなら十分だろう(写真撮影/明日陽樹)

【画像4】器具は多くないが、少し体を動かすくらいなら十分だろう(写真撮影/明日陽樹)

続いて見学したのは、肝心の居住スペース。玄関前に、自身の作品などを飾るラックがあるのも、クリエイター向け住戸フロアならでは。【画像5】玄関前にあるラック。自身の携わった作品などを飾っておけば、誰かの目に留まるかもしれない(写真撮影/明日陽樹)
1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会