ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

増えすぎたクレカをすっきり1枚に!ICチップ対応デバイス「Fuze Card」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

tech-170529-card1財布の中がカードだらけ、という人は少なくないはずだ。

いや、むしろ現金を入れる財布とは別にカード入れを持ち歩いている人もいるほどである。言い換えれば、それだけカードというものはかさばる。

クレジットカード、デビットカード、キャッシュカード、ポイントカード……。別にコレクションしているわけではないのに、どんどんカードばかりが増えていく。現代特有の悩みである。

ならば、それらをすべて1枚にしてしまおう。

30枚が1枚に

tech-170529-card3アメリカ・カリフォルニア州オレンジの企業がこの度開発したのは、「Fuze Card」というものだ。

これは、最大30枚の各種カードを集約できるデバイス。それ自体がカードとして使用できるのだ。

クレジットカードやデビットカードに限らず、各種会員カードなどもFuze Cardに読み込んでしまう。製品表面のボタンを押して使いたいカードを選択し、あとはそのまま「いつものカード」として使う。

磁気ストライプやEMVチップ、NFCにも対応しているから、Fuze Cardが1枚あれば困ることはないというわけだ。

電子機器だからバッテリー容量というものがあるが、1日4~5時間の使用で最大30日間のスタミナとのこと。それが尽きれば、ワイヤレス充電で電力を補充すればいい。

使用履歴を位置情報付きで

tech-170529-card2この製品、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」にて129ドル(約1万4,000円・EMV対応版)からの出資で提供を約束している。

ワイヤレス充電が確立されたからこそ生まれた新製品と言えるが、現代人を「カードの波」から救ってくれる逸品としてこれからも注目するべきだろう。

また、Fuze Cardをひとつの「防犯用品」として見なすこともできる。というのも、これはスマホと連携して使用履歴を位置情報付きで表示したり、紛失時にデータを消去することができるのだ。

今後、世界的な普及が期待される製品である。

Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。