体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

婚活で他人に評価されるのが怖い。でも、結婚したい。

「私、”でもでもだって女子”なんです…結婚したいって言うわりには行動できず、婚活もせず、とーぜん出会いはなく、数年があっという間に経過してしまいます」

今月に2冊目の書籍『なぜ幸せな恋愛・結婚に結びつかないのか 18の妖怪女子ウォッチ』(文藝春秋)略して「妖怪女子本」を上梓してから、このようなお話をされることが増えました。

“でもでもだって女子”とは何者か

“でもでもだって女子”とは、「結婚したい」「行動しなきゃ」と言いながらも「でも」「だって」を駆使して婚活をしない言い訳を用意して行動しない女性のことです。

書籍では「わりと多い」と書きましたが、本当に多い。おそらくこの連載を読んでいる女性のなかにも、”でもでもだって女子”がいると思われます。

婚活をしない表向きの言い訳

彼女たちが婚活を始めない理由としては、下記のようなものが挙げられます。

・仕事:「婚活しなきゃなーでも仕事がいま佳境で、仕事に集中したいんだよね」

・趣味:「婚活って土日、時間をとられるんだよね? いま、趣味の時間を削りたくない」

・資金:「婚活ってお金かかるんだよね…あまりいま、貯金がないから」

・時間:「いま、引っ越しがあるんだよねー。だから、時間はとれないかな」(そのあとは別の理由で時間がとれなくなる)

・グレー男:「うーん、結婚はしたいけど、いま彼との時間を大事にしたいし…」(彼とは付き合うという確認はとってない)

・婚活嫌い:「婚活ってなんか不自然じゃない? 自然に出会って自然な結婚が理想だし」

どれもパターンは基本的に同じで「○○という理由があるから、婚活をしない」がメッセージ。

ですが、この裏には「表向きは言わない、あるいはそもそも本人が自覚していない本音」が隠れていることがままあります。

婚活をしない本音

20170529_pqapuriko01.jpg

“でもでもだって女子”は数年単位で「でも」「だって」を繰り返しますが、30歳を越えて婚活勢がバタバタ結婚しだす第3次結婚ブームがくると、「なぜ自分は数年単位で結婚したいと言いながらも、婚活しないのか?」を考える人が出てきます。

「結婚したいと言いながら、気が付いたら4年経ってたんだよね」

「結婚したいよねーと話していた友だちはみんな婚活をして結婚した。でも、私はまだ婚活すらしてないし、出会いの幅も広げてない。なんでだろ?」

そう言って彼女たちは「なぜ自分が婚活をしたがらないのか」を考え出します。

一緒に話をしていくなかで見えてきたのは、「婚活」への「怖い」「いやだ」という気持ち。

もっと言えば、「人を評価するのもされるのもいやだ」という気持ちです。

婚活で他人に評価されたくない。でも、結婚したい。

20170529_papuriko03.jpg

「スペックを見て人を評価することが怖い。自分も同じように評価されるってことでしょ?」

「自分は仕事で成果を出してきてて、部下もついている。人を評価することには慣れてるけど、評価される立場に行くのがいやだ」

「自分が恋愛下手なのはわかってるし、これまで結婚してないってことは、女としての評価がいまいちってことだと思う。そんな事実を知りたくない。ただでさえ女としての自分に自信がないのだから、いやな事実からは目をそらして、知らないままでいたい」

仕事や趣味といった「自分を納得させるタテマエ」をとっぱらった彼女たちが語るのは、「婚活という評価の土俵に乗ること」「婚活という、女としての品評会で自分が査定されること」への恐れです。

とくに、これまで恋愛経験がほとんどない女性、ずっと同じ環境にいて「新しい人に出会い、評価したりされたりすること」に慣れていない女性、つまり「20代の間に周りの環境がほとんど変化しなかった女性」は、このようなことを言うことが多いと感じます。

「自分を査定される品評会」という考えとどう向き合うか

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会