体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋田のB級グルメを自宅で味わおう!“幸楽ホルモン”をお取り寄せてみた

f:id:Meshi2_IB:20170117074800j:plain

どうも、こんにちは! 上京3年目、東京は23区の端の端に住む放送作家の卵、内村です。

今回は自宅でB級グルメ。秋田県は鹿角(かづの)市花輪にある、創業50年を超える「ホルモン幸楽」の“幸楽ホルモン”をお取り寄せてみました。ニンニクとトウガラシベースのタレに漬け込んだ豚ホルモンということで、抜群にうまそう!

独り身の自分としては奮発し、2人分の量700gをオーダー。お値段1,130円(送料別)です。

ちなみに、この鹿角市は「鹿角ホルモン」という言葉があるぐらい、ホルモン文化の街です。その中でも一番のお店と言われるのが、「ホルモン幸楽」です。

f:id:Meshi2_IB:20170117074326j:plain

ピンポ~ンと配送のお兄さんが、発砲スチロールに入った“幸楽ホルモン”を届けてくれて、さっそく開けてみると秘伝のタレをまとったホルモンがビニール越しから見える!

もうおいしそうな匂いが漂ってきます。

は、はやく食べたい!!

さっそく調理開始! っとその前に

さっそく調理に取りかかる。

が、その前に!

f:id:uchitomi:20161219103118j:plain

この“幸楽ホルモン”はジンギスカン鍋で焼くホルモン料理です。我が家にはジンギスカン鍋は……、なかったのでそれもお取り寄せ(笑)。

1人ジンギスカン鍋用の直径16cmとかなり小さめで1,000円ちょっとでした。

※ジンギスカン鍋がなくても、フライパン又はホットプレートもOKです。

ホルモンにキャベツはマスト!!

f:id:uchitomi:20161219103114j:plain

それと、“幸楽ホルモン”にはキャベツが欠かせないそうで、キャベツがホルモンの味を一層引き立ててくれるというので、キャベツを用意。

あと豆腐も入れるとおいしいですよ、説明書に書いてあったので準備します(その他にネギやうどんもおススメと書いてあります)。

f:id:uchitomi:20161219103111j:plain

まずはコンロにジンギスカン鍋を置き、油を引かずに軽く熱してから、その上に届いた“幸楽ホルモン”を敷き詰めながら置いていきます。

この段階でも、匂いでご飯1杯行けそうな勢い!

f:id:Meshi2_IB:20170117074800j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy