ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

無料セミナー「北欧・デンマークが世界一豊かな国になるまで」、新宿で全4回開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
japan-denmark_150th_shimazaki_seminar_01

日本・デンマーク外交関係樹立150周年

2017年6月15日(木)・7月14日(金)・8月25日(金)・9月1日(金)の全4回、東京・新宿のリビングデザインセンターOZONEにて、セミナー「北欧・デンマークが世界一豊かな国になるまで」が開催されます。

2017年に日本とデンマークの外交関係樹立150周年を迎えたことを記念した公式イベント。9月に予定している、デンマークを代表するデザイナー・Børge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)と、デンマークの老舗家具ブランド「FDB MØBLER(FDBモブラー)」に焦点を当てる展示に連動した全4回シリーズのセミナーです。

講師は、北欧デザイン研究の第一人者で、武蔵野美術大学名誉教授の島崎信氏。日本との外交関係を樹立させた150年前は貧困国だったデンマークが、近年「豊かな国ランキング」で世界一に輝くようになった理由を、その時代背景や当時の経済状況、デンマーク国民の暮らしの質、世界の動きなど、あらゆる角度と全4回のテーマを通して解説します。

豊かな暮らしを送る方法は? そして、そもそも豊かさとは何なのか? 実例から学ぶことができる貴重な機会です。無料で参加できますので、ぜひ同企画展・セミナー公式ホームページからお申し込みの上、ご参加ください。

japan-denmark_150th_shimazaki_seminar_02 「FDB MØBLER(FDBモブラー)」は、デンマーク生活協同組合連合会(FDB)の家具部門として1942年に設立。デンマーク近代家具の父と称されるKaare Klint(コーア・クリント)に師事した初代代表ボーエ・モーエンセンの他、デンマークデザインの巨匠が携わってきました。「丈夫で、美しく、座り心地が良い、そして手頃な価格」という開発コンセプトを体現したFDBモブラーのアイコンチェアJ46は、当時北欧デンマークの5人に1人が持っていたと算出されています。

japan-denmark_150th_shimazaki_seminar_03

講師の島崎信氏。日本・デンマークの外交関係樹立150周年親善大使。武蔵野美術大学名誉教授。1956年東京藝術大学美術学部卒業。1959年デンマーク王立芸術アカデミー建築科修了。王立芸術アカデミーのオーレ・ヴァンシャー教授のもとで家具デザインを学び、デンマークの偉大なデザイナーたちと交流を深めてきました。北欧デザイン研究の第一人者で、生活デザインの提唱者として国内外でインテリア、プロダクトデザインに関わるほか、家具、インテリアデザインの展覧会やセミナーの企画も多数手掛けています。

北欧・デンマークが世界一豊かな国になるまで

会場:リビングデザインセンターOZONE8F セミナールーム/東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー

参加費:無料

定員:各回60名

申込締切り:定員になり次第終了

申込:http://www.fdbmobler.jp/150th/

第1回 デザイン大国デンマークの礎を築いたFDBモブラーとは?

日時:2017年6月15日(木) 18:30~20:00(受付18:00~)

進行:塚本文雄(リビングデザインセンターOZONE館長)

第2回 どのようにしてデンマークは世界一幸せな国になったのか

日時:2017年7月14日(金) 18:30~20:00(受付18:00~)

進行:羽柴健(スカンジナビアンリビング東京支店代表)

第3回 北欧デンマークが考えるデザインとは?

日時:2017年8月25日(金) 18:30~20:00(受付18:00~)

進行:堀紋子(北欧ジャーナリスト)

第4回 ボーエ・モーエンセンとFDBモブラーが起こしたデンマーク家具の革命

日時:2017年9月1日(金) 17:00~18:30(受付16:30~)

進行:今田憲一(FDBモブラー日本総代理店・株式会社グリニッチ代表取締役)

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

もっと楽しく! Vitraのワークスペースを楽しく彩る展示が銀座・伊東屋に出現中
280組の工芸作家が集合! 国内随一のクラフト市「クラフトフェアまつもと2017」開催間近
「木工家ウィークNAGOYA」今年も開催! 木工家が集う7企画

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。