体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の絶景温泉・露天風呂29選

日本の絶景温泉・露天風呂29選

世界には数多くの絶景・秘境がありますが、私達の住む日本にも、世界に誇る素晴らしい絶景・秘境が沢山あります。その中でも温泉は日本が誇る文化でもあります。心も体も温まり、心の底から至福の時間を味わうことができます。

今回は、日本各地から集めた、素敵な「露店風呂」で「絶景」が望める温泉をご紹介いたします。

*編集部追記
2016年4月に公開した記事に新たに5か所加筆しました。
2016年4月の記事に新たに3選追記しました。(2017/12/27)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

絶景温泉に行ってみての感想

photo by pixta

さて、ほとんどの日本人の皆さんと同じように、私も温泉が大好きです!特に絶景が眺められる露天風呂なんて、浸かっていて「サイコー!」と叫び出したくなるくらい!

日本には数多くの絶景温泉がありますが、やはり美しい景色を眺めながら温泉に浸かっていると、普通の温泉よりもさらに疲れが取れる気がします。

 

例えば山形県にある滑川(なめがわ)温泉は、目の前にすぐ渓流が流れているという抜群の立地。水の流れる音を聞きながら、豊かな自然を満喫しつつ温泉に浸かれるなんて、まさに最高のロケーションですね。

また、青森県にある黄金崎不老ふ死温泉は、温泉の湯が黄金色をしており、目の前には日本海が広がっているという絶好のロケーション!日本海を間近に見ながら温泉に入れるなんて、なかなかできないのでとても貴重です!

 

おすすめの温泉

kitayama.yuuichiさん(@kitayama.yuuichi)がシェアした投稿 – 2017 6月 14 3:40午後 PDT

私がおすすめするのは、富山県にある温泉「くつろぎの宿 うみあかり」です。源泉100%かけ流しの温泉で、目の前には富山湾、そしてその奥には立山連峰と、海と山、どちらも楽しめる贅沢な眺めが最高です。

夜は、海の向こうに街の光が見えとても幻想的!昼とはまた違う、ロマンチックな景色が楽しめます。旬の食材をたっぷり使った料理もおいしいので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

*編集部追記(2017/12/27)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

滑川(なめがわ)温泉 福島屋/山形県

Annaさん(@anna_k321)が投稿した写真 – 2015 10月 15 5:30午前 PDT

山形県米沢市にある「滑川温泉 福島屋」は滑川温泉唯一の宿。標高850mの自然豊かな山中にあり、なんと開業は200年以上前の老舗宿なんです。

宿の自慢のお風呂は全て源泉掛け流し。特に露天風呂の岩風呂は大自然に囲まれ、目の前には渓流が流れるという雰囲気抜群の立地。山の中にあるため、まさに秘湯と言える絶景露天風呂です。
■詳細情報
・名称:滑川(なめがわ)温泉 福島屋
・住所:山形県米沢市大字大沢15
・アクセス:JR奥羽本線峠駅から送迎あり(予約要)
・営業時間:日帰り入浴09:00~16:00
・定休日:冬季休業あり
・電話番号:0238-34-2250
・料金:日帰り入浴500円
・公式サイトURL:http://www.namegawa-fukushimaya.com/index.html

 

藤七温泉 彩雲荘/秋田県

下坂 龍太さん(@ryutapple)がシェアした投稿 – 2016 6月 8 4:51午前 PDT

「藤七温泉 彩雲荘」は岩手県の十和田八幡平国立公園内にある温泉宿。標高は山頂近くの1,400mという高さにあります。

この彩雲荘の一番人気はなんといっても野趣あふれる露天風呂。開放感にあふれ、八幡平の雄大な大自然を目の前で満喫しながら入浴が可能です。
■詳細情報
・名称:藤七温泉 彩雲荘
・住所:岩手県八幡平市松尾寄木北の又
・アクセス:松尾八幡平ICから車で約1時間
・営業時間:日帰り入浴の場合08:00~18:00
・定休日:4月下旬~10月下旬以外
・電話番号:090-1495-0950
・料金:日帰り入浴の場合600円
・公式サイトURL:http://www.toshichi.com/index.html

1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。