体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4万人のトレーディングカード愛好者たちの素顔を直撃! ブシロード10年の歩み

4万人のトレーディングカード愛好者たちの素顔を直撃! ブシロード10年の歩み
「ブシロード10周年祭」にて、『フューチャーカード バディファイト』でスタッフに戦いを挑む子どもたち/撮影:新見直
国産の『遊戯王OCG デュエルモンスターズ』や『ポケモンカードゲーム』、アメリカ生まれの『Magic: The Gathering』で知られるトレーディングカードゲーム(TCG)。国内市場では2011年に一度ピークを迎え、その規模は1000億円を突破した。

2011年は、ゲーム業界で言うと、PlayStation VITAとニンテンドー3DSが発売された年で、ファミ通調べでは家庭用ゲーム機の市場規模は4,543億円。それと比べるとやや小ぶりな印象だが、1パックあたり150~500円という単価を考えると、カード枚数としてはかなり普及していたことがわかる。

TCG市場はその後、やや緩やかな減少傾向となったと言われているものの、徐々に持ち直し、2015年には962億円を記録。ここに来て、再び最盛期の兆しが見えてきた。

これはメーカーや関連企業各社が健闘した結果と言えるだろうが、中でも、ここ10年で『ヴァイスシュヴァルツ』『カードファイト!! ヴァンガード』(以下『ヴァンガード』)『フューチャーカード バディファイト』(以下『バディファイト』)など、ヒットタイトルを生み出し続けているブシロードの功績も大きいのではないだろうか。

ブシロードは、カードだけではなくアニメといったメディアミックス展開に力を入れ、タイトルの知名度やTCGの裾野を広げ続けてきた存在だ。

ピンと来ない読者でも、ブシロードを設立した社長の木谷高明氏が、低迷していた格闘技業界を見かねて「プロレスも(キャラクター性の高い)カードゲームだ」と唱え新日本プロレスを買収・業績をV字回復させた立役者だと聞けば興味が湧いてくるのではないだろうか。

そんなブシロードは設立10周年を迎え、5月5日から7日までの3日間、東京ビッグサイトで「ブシロード10周年祭」を開催。41,459名が来場したこのイベントでは、各ゲームの大会やフリーで対戦できるスペースのほか、アニメ版の声優たちによるトークショーやライブステージ、関連グッズの販売などが行われた。

再び最盛期を迎えつつあるTCG市場。熱狂的なプレイヤーたちにとって、ここにはどんな魅力があるのだろうか。イベント参加者に話を聞いてまわった。

取材・文:杉山大祐/ノオト 編集:新見直

TCGの対戦に興じる子どもたち ゲームを始めるきっかけは?

会場入りしてまず目を引いたのは、TCGに興じる子どもとその親の姿だ。ブシロード作品のなかでも人気の高い「バディファイト」を遊ぶプレイヤーの年齢層は、小学校低学年~中学生あたりがメインだった。

ブシロードのスタッフとバディファイトで対戦していた小学3年生のユウキさん。/撮影:杉山大祐

ブシロードのスタッフとバディファイトで対戦していた小学3年生のユウキさん。母親いわく中学2年生の兄の影響で始めたという。同年代の友人よりは兄や年上の子と遊ぶことが多く、「いろいろな人と対戦できることが楽しい」と、はにかみながら答えてくれた。

「バディファイト歴は1年」と話す小学6年生のピロさん。/撮影:杉山大祐

また、「バディファイト歴は1年」と話すのは小学6年生のピロさん。弟が遊んでいるのを見て弟に勝ちたいと思い、ゲームを始めたそうだ。このほかにも、小学3年生から中学1年生の子に聞いてみたところ、兄弟・姉妹の影響で始めたプレイヤーが多く見られた。

1 2 3次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会