ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

伊藤君子、美空ひばりの名曲を熱唱!デビュー35周年記念ライブ開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

世界的ジャズ・シンガー伊藤君子が、5月27日(土)に東京・青山Body&Soulにて『≪Kimiko Sings HIBARI≫アルバム発売&デビュー35周年記念ライヴ』を開催した。
5月27日@東京・青山Body & Soul (okmusic UP's)
今公演は5月29日にリリースする、伊藤が敬愛する国民的歌手・美空ひばりに捧げるアルバム『Kimiko Sings HIBARI』のリリース記念のライヴだ。ひばりの名曲を中心に構成された1stステージの模様をレポートする。

完全満員のジャズ・クラブに真っ白なドレスに身を包んだ伊藤と、アルバムの演奏メンバーと同一の、宮本貴奈(P)、坂井紅介(Ba)、加納樹麻(Dr)が登場。アルバムの曲からひばりが1950年にリリースした「東京キッド」を歌い始めた。ジャズトリオの盤石のサウンドにのせた伊藤のきらびやかな歌声。4歳の時にひばりの歌声に出会い、歌手を志したという伊藤の声の奥底に、ひばりの遺伝子が垣間見える。「CMでこの曲が流れていて、一発でひばりさんの声だってわかって、素敵だなって思って今回のアルバムに入れました。すごく難しかった」と笑う伊藤が、続けて歌ったのはひばり自身がジャズアルバムで圧倒的な歌唱をみせた「魅惑のワルツ(fascination)」。ひばりを模倣するのではなく、伊藤自身の歌声とアレンジで自らの歌として昇華する。宮本貴奈のピアノに乗せて元曲の歌謡曲的な歌世界をジャズの世界観に換骨奪胎した「津軽のふるさと」では演奏が終わると客席からため息が漏れた。

ひばりの日本語歌謡曲のジャズアレンジが続く前半。MCで伊藤が「英語の曲よりずっと緊張するんですよね。だって、間違えるとすぐにばれるから」ともらすと客席から笑いが起こる。続けて歌うのはひばりが愛唱したジャズのスタンダードナンバー「慕情」。英語歌唱のこの曲では、さすがデビュー35周年を迎えたジャズ界の至宝だけあり、歌声に堂々たる輝きが増す。

国民的楽曲、ひばりが生涯最後にレコーディングした「川の流れのように」は、有名でありながら、実はとても歌うのが難しいゆえ「本当はアルバムに入れたくなかった」とこぼしながらも、歌い始めるとその伊藤流の名曲の新たな解釈に会場の集中力は一気に増した。爽快なトリオの演奏で駆け抜ける「恋人よ我に帰れ(LOVER, COME BACK TO ME)」に続いて奏された、ひばりの隠れた名曲、広島の原爆投下を描いた反戦歌「一本の鉛筆」は、表情を抑制した歌声をもってシンプルに歌うからこそ、歌詞の重みと悲しみがより表出し、会場はつかのま静まりかえり、涙を流す人も多くみられた。

「ひばりさん、あなたは私にとって永遠に輝く不死鳥です」との言葉とともに、このステージ最後は、伊藤がひばりに捧げたオリジナル曲「スカイラーク」を情熱と敬愛の情を歌に込めて歌い幕を閉じた。

(c)Toshiya Suda

【セットリスト】

1.東京キッド

2.魅惑のワルツ(fascination)

3.津軽のふるさと

4.慕情

5.川の流れのように

6.恋人よ我に帰れ(LOVER, COME BACK TO ME)

7.一本の鉛筆

8.スカイラーク

■演奏メンバー

宮本貴奈(P)、坂井紅介(Ba)、加納樹麻(Dr)

アルバム『Kimiko sings HIBARI ~伊藤君子、美空ひばりを歌う』
発売中

COCB-54204/¥3,000+税

<収録曲>

■CD

01.東京キッド

02.愛燦燦

03 .川の流れのように

04.津軽のふるさと with 狩野泰一(篠笛)

05.一本の鉛筆

06.リンゴ追分 with 小曽根真(Pf) *2004 年収録

07.魅惑のワルツ FASCINATION

08.慕情 LOVE IS A MANY-SPLENDORED THING

09.恋人よ我に帰れ with 日野皓正(Tp)LOVER, COME BACK TO ME

10.スターダスト STARDUST

〈BONUS TRACK〉

11.スカイラーク SKYLARK

5月27日@東京・青山Body & Soul (okmusic UP's)
5月27日@東京・青山Body & Soul (okmusic UP's)
5月27日@東京・青山Body & Soul (okmusic UP's)
5月27日@東京・青山Body & Soul (okmusic UP's)
伊藤君子 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。