体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エイジングケア×美白をダブルで叶える薬用美白美容液

ますます日差しが強くなり、シミや乾燥など紫外線ダメージとともに、年齢サインも気になる季節。

『シーボン.』のトータルエイジングケアライン「シーボンコンセントレートプラス」シリーズから、エイジングケアと美白を同時に叶える薬用美白美容液「シーボン コンセントレートプラス ホワイトセラム」35mL/2万4000円(税抜)が誕生!

6月1日(木)より、全国110店舗の『シーボン.フェイシャリストサロン』および通信販売などにて発売される。

同商品は、シーボン.史上初の“エイジングケア×美白”を両立する薬用美白美容液。

シリーズ共通成分の、ビフィズス菌発酵エキス・酵母エキス・加水分解酵母エキス・アラリアエスクレンタエキス(保湿成分)を配合。

さらに、クリアな肌を守るアルブチンと持続性ビタミンC誘導体の2種の美白有効成分が一つになったアルブチンEX(美白有効成分)、ビサボロール、デイジーエキス、ウンデシレノイルフェニルアラニン、ウメ果実エキス(保湿成分)配合により、角質細胞へ多角的にアプローチ。メラニンの生成を抑え、日やけによるシミ・ソバカスを防ぎ健やかに保つ。

また、なめらかでのびのよい乳液状のテクスチャーで、うるおいとハリを肌に与える。

パッケージのカラーは、日本の伝統色で“抑制”を象徴する色「留紺(とめこん)」を採用。深い紺が醸し出す高級感を表現し、美白への強い想いを込めたという。

エイジングケア×美白のダブルアプローチで大人肌をさらに輝かせて!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。