ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、日本向け「Googleアシスタント」の提供開始を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google 日本法人は 5 月 29 日、日本語に対応したスマートフォン組み込み型の「Google アシスタント」の提供を開始したと発表しました。Google アシスタントは人工知能によるパーソナルアシスタント機能のことで、日本の場合はこれまで、Google Allo 内で提供されていましたが、本日からは Android 6.x と Android 7.x を搭載したスマートフォンの標準機能として利用することが可能です。具体的には、「OK, Google」の音声コマンドやホームボタンの長押しで表示する待受画面が Google アシスタントに変わるということで、今後数週間にかけて順次有効になることになっています。まだ有効になっていない場合はしばらく待つ必要があります。Google アシスタントは基本的に音声操作の進化版と考えれば良いのですが、チャット感覚で利用できるので使いやすくなっており、できることは格段に増えています。また、ユーザーの行動やスマートフォンの使用状況を学習し、適切な情報を返す賢さが加わっています。(参考)「Googleアシスタント」で何ができるのかを紹介。実行可能な音声コマンドのリスト付き何はともあれ、まずは「OK, Google」またはホームボタンの長押しを実行して Google アシスタントの待受画面を表示してみてください。そして、どのようなことができるのかは、「何ができる?」と質問すると、現在対応している機能の一覧が表示されます。Source : Google Japan Blog

■関連記事
ソフトバンク、一部のサービスで解約時の解除料を無料化
Android用Googleアプリに「Explore」タブと「Your Stuff」タブが表示
複数のAndroidデバイスで日本向けのGoogleアシスタントが有効に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。