ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

苦戦続きの音楽配信サービス「Tidal」CEOがわずか18カ月で退任、Spotify、Apple Musicと差は詰められるか

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
苦戦続きの音楽配信サービス「Tidal」CEOがわずか18カ月で退任、Spotify、Apple Musicと差は詰められるか

ヒップホップ・アーティストで起業家であるジェイ・Zが代表を務めている、定額制音楽ストリーミングサービス「Tidal」(タイダル)が苦戦しています。Tidalは、最高経営責任者(CEO)ジェフ・トイ(Jeff Toig)の退任を明らかにしました。SoundCloudのチーフ・ビジネス・オフィサーだったトイの在任期間はわずか18カ月と短命であったことも驚きですが、Tidalはわずか2年で3人もCEOが交代する先行きの見えない経営状況にあります。

2015年12月からCEOに就任したトイ以前には、2015年6月にピーター・トンスタッド(Peter Tonstad)がわずか2カ月でTIdalを去り、2015年4月にアンディ・チェン(Andy Chen)が買収の組織改編の煽りを受けて退任しました。またトイは、2017年3月の時点ですでにTidalを離れていたとも言われているだけに退任の謎が深まります。

関連記事 ジェイ・Zの定額制音楽配信「Tidal」、8カ月で3人目のCEOに元SoundCloudの幹部が就任

Billboardに対してトイの退任を明らかにしたTidalは、「数週間以内に新たなCEOを発表する予定」があることを明らかにしています。しかし、Tidalとジェイ・Zは、退任理由については何も語っていません。

TidalのCEO交代は、1月にソフトバンク傘下の米モバイル事業者スプリントがTidalの株式33%を獲得したことに関係するかもしれないとの見方があります。スプリントとの資本提携を受けて、Tidalは2億ドルの資金を企業価値6億ドルで調達し、スプリントCEOのマルセロ・クラウレ(Marcelo Claure)が取締役にも就任しました。トイの功績をあげるとすれば、この資本提携を実現させたことと見てとれますが、スプリントとの協力関係実現からわずか数カ月での退任となれば、両者のすれちがいを疑わざるを得ません。

先行き不透明なTidal

SpotifyやApple Music、Deezer、Google Play Musicなど定額制音楽ストリーミングサービスが成長を続け、新しい施策を打ち出して市場を盛り上げている中で、Tidalは世界52カ国に展開し2016年3月には、有料会員数は300万人を達成したと発表しましたが、後の調査でTidalが発表数値を水増ししていたことが明らかにされ、現状は120万人と言われています。

Spotifyは3月に5000万人の有料会員を達成したと発表、順調にユーザー規模を拡大しています。またアップルも2016年12月にApple Musicが2000万人を突破したことを明らかにして、6月のWWDCではまた新たな数値が発表されることに期待が集まっています。

関連記事 ジェイ・Zの定額制音楽ストリーミング「TIDAL」が苦戦。巨額の損益は生みの苦しみか?

音質を差別化要因の一つと考えるTidalは、320kbps AAC圧縮音源の月額9.99ドルの「Tidalプレミアム」と、CD音質(FLAC 16ビット/44.1kHz)の月額19.99ドルの「Tidal HiFi」の2オプションに加えて、2017年1月にはスタジオマスターと同じ高音質を再現する音源フォーマット「MQA」(Master Quality Authenticated)に対応した「Tidal Masters」を発表しました。

参考記事:MQAの可能性 (MERIDIAN AUDIO メリディアン・オーディオ)

しかしライバルのSpotifyやApple Musicは、さらなる有料会員の獲得を目指して、プレイリストのレコメンデーションやキュレーションの最適化におけるアルゴリズムやプレイリスターの強化から、AI、スマートスピーカー連携への投資と、あらゆる策を取っています。Spotifyはニューヨーク・タイムズやTinderといったメディアやウェブサービスと連携するなど、音楽業界に縛られない領域への進出に積極的です。またアップルは昨年Tidal買収の噂が報じられるなど、すでに市場でのプレゼンスを確立した感があります。

SpotifyやAppleの動きが活発となり、SoundCloudやPandoraといったかつての大手音楽サービスが失速する中、後発のTidalには株主からかかるプレッシャーは相当大きいはずです。CEO退任は、Tidalの経営立て直しの一貫なのか、それとも身売りなど大胆な方向修正の始まりなのか、今後の動きに注目が集まります。

■記事元http://jaykogami.com/2017/05/14056.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。