ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

水カン 新曲「メロス」が配信スタート、MVの裏側に密着したメイキング映像も公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
水カン 新曲「メロス」が配信スタート、MVの裏側に密着したメイキング映像も公開

100人の子供と100頭の馬とモンゴルで撮影を行い壮大な映像美を見せた、新曲「メロス」のミュージックビデオが公開されたばかりの水曜日のカンパネラが、同曲を本日デジタルシングルとしてリリースした。

「メロス」は、2月にリリースされたアルバム「SUPERMAN」後、初めてリリースされる新曲で太宰治の短編小説「走れメロス」がモチーフとなっている。ケンモチヒデフミが作詞・作曲を担当し、アルバム「SUPERMAN」までに見せて来た表情をガラリと変えた、心地よさもありながら大地を駆ける力強さが伝わってくるトラックとなっている。初の武道館公演を成功させ、次のステップへと進む今の水曜日のカンパネラとシンクロする楽曲となった。

先日公開されたミュージックビデオは、総勢300人以上の出演者、スタッフを動員し、昼間は25℃、夜はマイナス5℃にもなるモンゴル国で、原住民の全面協力のもと実際に周辺に住んでいる地元の子供達100人と100頭の馬と共にコムアイも自ら馬に乗り手綱を操りながら撮影を行ったもので、水曜日のカンパネラ史上最大規模の作品となったことでも大きな話題を集めた。

また、本日ミュージックビデオ「メロス」の撮影の舞台裏に迫った『「メロス」Behind The Scene』が公開された。監督には水曜日のカンパネラ「マリー・アントワネット」「千利休」「ミツコ」「シャクシャイン」などのPVを手掛けた藤代雄一朗氏が担当。過酷な撮影環境でありながらも、現地の100人の子供達と和気あいあいと撮影に挑むコムアイの姿に密着している。

ライブだけでなく、ミュージックビデオでも表現の場を世界に広げていく水曜日のカンパネラ、6月からは全国16都市を巡る待望の全国ツアーもスタートさせる。これまで吸収してきたものがどんなライブとなって表現されるのか期待して待ちたい。

水曜日のカンパネラ 「メロス」Behind The Scene

「メロス」ミュージックビデオ

配信情報

デジタルシングル「メロス」
2017年5月26日(金)配信

関連リンク

水曜日のカンパネラ オフィシャルサイトhttp://www.wed-camp.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。