ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東京藝大がレーベルをスタート、『題名のない音楽会』で特集も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
東京藝大がレーベルをスタート、『題名のない音楽会』で特集も

 ワーナーミュージック・ジャパンと東京藝術大学がタッグを組み学生代表9組の演奏を収録したアルバム『東京藝大音楽学部 推薦学生によるクラシックから純邦楽まで!現在(いま)聴くべき究極(9曲)!』が、2017年6月7日配信リリースされる。

 東京藝術大学は、今年で創立130周年を迎え、2014年には文部科学省による「スーパーグローバル大学創成支援事業」に芸術系大学として唯一採択された芸術分野の最高学府だ。今回リリースされるアルバムは、東京藝術大学の学生のためのレーベル「GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan」立ち上げの先駆けとなっており、第19回J.S.バッハ国際コンクールでアジア人として初めて第1位に輝いたヴァイオリンの岡本誠司をはじめとした選抜メンバーによる演奏音源が収録されている。

 なお、6月11日と18日には、テレビ朝日系列『題名のない音楽界』で東京藝術大学特集も放映される予定となっている。

◎リリース情報
『東京藝大音楽学部 推薦学生によるクラシックから純邦楽まで!現在(いま)聴くべき究極(9曲)!』
2017/6/7 RELEASE
WPDS-10077
希望小売価格:500円

関連記事リンク(外部サイト)

【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017】ライブ・レポート
【ビルボード】日本を代表するパーカッショニスト加藤訓子のアルバム第4弾『バッハ』リリースで初登場第2位
『岸田繁「交響曲第一番」初演』リリースインタビュー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。